《ルイ・キューピット》レベル変動とサーチを兼ね備えるシンクロチューナー|遊戯王

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OCGでの登場時から高い可能性を見出されていた《ルイ・キューピット》『遊戯王マスターデュエル』でも実装されましたね。

今回はその《ルイ・キューピット》について考えていこうと思います。

スポンサーリンク

幅広いレベルのシンクロのお供に

《ルイ・キューピット》

ルイ・キューピット

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 0/守 600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動する。
そのS素材としたチューナーのレベル分、このカードのレベルを上げる、または下げる。
(2):このカードの攻撃力は自身のレベル×400アップする。
(3):S召喚したこのカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動する。
そのS召喚したモンスターのレベル×100ダメージを相手に与え、デッキからレベル8以下で守備力600のモンスター1体を手札に加える事ができる。

天使族のシンクロチューナー、レベル4とローレベルのシンクロモンスター。

チューナー分レベルを上下できるので幅広いシンクロに使用する事が可能、効果は強制なのでレベルは効果無効などにならない限り変動させなければなりません。

レベル2チューナーを使用でレベル6となり扱いやすい数値になってくれますね、もちろんそれ以外のレベルでも構築段階から寄せていくと活躍を見込めます。

攻撃力アップ効果もあり、オマケ程度に見えそうで本カード最大レベルの7になると攻撃力2800と侮れない数値になります。

シンクロ素材になるとバーンを与えてのモンスターサーチ。

オススメのサーチ先リストアップ

  • 各下級「P.U.N.K.」モンスター・守備が600で統一されています。
  • 《ホップイヤー飛行隊》・相手ターンにシンクロが可能。
  • 《ネメシス・コリドー》・除外されているモンスターが居れば《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を展開可能。

OCGとマスターデュエルのリミットレギュレーションの違いが出てくる

レギュレーションの違いを大きく受けるモンスターでもあります。

主に「ハリファイバー」がOCGで禁止になった事が大きいですね、マスターデュエルでは「ハリラドン」が健在なので幻獣機トークンと《ブンボーグ001》や《ジェット・シンクロン》といったレベル1チューナーによって《ルイ・キューピット》を展開が可能。

サーチ先次第で《超雷龍-サンダー・ドラゴン》などを盤面にプラスする事ができます。

マスターデュエルではレアリティもRと入手しやすいのが魅力ですね。

逆にOCGでは「ハリファイバー」の禁止によって向かい風になっているとも言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
EXデッキ
遊戯王JOY

コメント