《伝説の剣闘士 カオス・ソルジャー》【青眼】での運用面で見てみる|遊戯王OCG

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久々に【青眼】デッキを調整していて欲張りかもしれませんが採用候補に挙がったのが《伝説の剣闘士 カオス・ソルジャー》

【青眼】で儀式ならば「カオス・MAX」という強烈なモンスターが存在しますが「カオソル」はまた違った方向かつ【青眼】の動きでは対処できない場面も打破してくれそうなので中々に面白そうです。

スポンサーリンク

「カオス・MAX」と儀式魔法を共有できるのが有り難い

儀式・効果モンスター
星8/地属性/戦士族/攻3000/守2500
「カオス・フォーム」「超戦士の儀式」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):自分ドローフェイズのドローの前に、手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
このターン通常のドローを行う代わりに、デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分バトルフェイズ中に相手は効果を発動できない。
(3):通常モンスターを使用して儀式召喚したこのカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
相手フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。

《カオス・フォーム》によって儀式召喚できる儀式モンスター。

このカードが手札にあればドローの代わりに儀式魔法サーチがあるのである程度儀式特有の手札事故を回避できます、特に儀式要素は添えるくらいの【青眼】にはありがたい効果。

このカード自身は【青眼】では「カオス・MAX」と違いアクセスしにくいのは難点。

もうちょっと要素を濃くしたい場合は相性が良い《高等儀式術》の採用も見えてきますね。

どれにせよ「カオス・MAX」と儀式魔法は共有できるので儀式魔法側が完全に腐ってしまう事は構築次第でかなり低減する事ができるので、そこは少し安心できる要素ですな。

バトルフェイズ効果発動不可・相手フィールド全デッキバウンス

モンスターとしての効果性能としてはまず、バトルフェイズ中に相手の効果を封じる物。

「剣闘士カオソル」自体に耐性などが無いのでバトルフェイズ関連のパンプアップなどのコンバットトリックなどをケアする事ができるのは中々大きい要素。

《ブルーアイズ・ジェット・ドラゴン》と並べれば効果破壊に対しては耐性を持たす事ができます。

また「戦闘破壊」をトリガーとする効果を持つモンスターも封殺する事ができます、この辺りは9期の頃に「ホープ・ザ・ライトニング」が強さを実証していますね。

そして攻撃が通り、相手モンスターを破壊した時の効果が非常に強烈で相手フィールド全デッキバウンスはとんでもないですね。

バニラモンスターを素材にしなければなりませんが【青眼】なら《青眼の白龍》1枚で儀式召喚できるので達成は容易。

また「対象を取らないデッキバウンス」という除去方法が【青眼】では処理しづらいカード達を突破できる手段となってくれます。

まぁこの除去手段が通らない相手は全体で見てもそう居ないでしょうけれど…

総じて上ブレ札として十分かなと思える

総合してみると儀式魔法は共有できるけど本体サーチが難しいので上ブレ要素感は否めません。

ただ儀式魔法共有によってそこまでノイズ化しないので大きくデッキの安定性を削ぐ事もなさそうです。

今の【青眼】は新規も色々貰えてフリー・カジュアルではかなり良いデッキに仕上がっているので枠の都合が出てくるかなって感じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    ペンデュラムグラフと併用して儀式パーツかき集める要員にしてます。両者ともにタイミングがビミョ……調整されていて即利用とはいきませんが、いざとなれば青眼を切って出せる剣闘士、属性・種族を同じくし魔法(ベルファイヤ)でのサーチが可能なペングラとそれぞれ便利に使わせてもらってます