《EMオッドアイズ・プリースト》器用な3つの効果を持つ新規「オッドアイズ・レボリューション」と相性良し

スポンサーリンク

アニメーションクロニクル2022にて登場する新規の「EM」であり「オッドアイズ」カードである《EMオッドアイズ・プリースト》

Pスケール効果を含み3つの器用な効果を持っているので様々な場面で活用できる良いカードとなっています。

スポンサーリンク

「オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン」をサルベージできる

《EMオッドアイズ・プリースト》

ペンデュラム・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻 100/守1800
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の、「EM」カードまたは「オッドアイズ」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):P召喚したこのカードは表示形式によって、自分メインフェイズに以下の効果を発動できる。
●攻撃表示:このカードを除外し、自分の墓地の、「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
●守備表示:「EM」Pモンスターまたは「オッドアイズ」Pモンスター1体をデッキから選び、自分のEXデッキに表側表示で加えるか墓地へ送る。

Pスケールとしてはスケール1と優秀、効果にて「EM」「オッドアイズ」カードをサルベージして自身を破壊。

《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》
特殊召喚・ペンデュラム・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻 ?/守 ?
【Pスケール:青12/赤12】
(1):自分はドラゴン族モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):自分の墓地のドラゴン族の融合・S・Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを破壊し、そのモンスターを特殊召喚する。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。
手札からのP召喚、または自分フィールドのドラゴン族の融合・S・Xモンスターを1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードを手札から捨て、500LPを払って発動できる。
デッキからレベル8以下のドラゴン族Pモンスター1体を手札に加える。
(2):このカードの攻撃力・守備力は相手のLPの半分の数値分アップする。
(3):1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。
このカード以外のお互いのフィールド・墓地のカードを全て持ち主のデッキに戻す。

サルベージする対象としては「オッドアイズ・レボリューション」が有力。

手札から捨ててサーチを行うので自然と墓地へ送り込める上にターン1が付いていないのでサルベージして再び即座に2度目のサーチを行う事ができます。

モンスター効果・表示形式によって蘇生やEXデッキ・墓地へ送る事ができる

P召喚しておけば表示形式によって効果を発動することができます。

攻撃表示ならば自身を除外して墓地の「EM」「オッドアイズ」を蘇生。Pカードが多いテーマなので墓地へ送り込むには工夫が必要ですね。

各種EXから出した「オッドアイズ」融合体などを蘇生すると強力です。

守備表示の場合はデッキから「EM」「オッドアイズ」PモンスターをEXデッキに表側で送るか墓地へ送る事ができます。

P召喚による展開を狙うか蘇生しての展開を狙うかどちらのプランにも対応できますね。

コメント