《Into the VRAINS!》《オーバーレイ・ネットワーク》ファン~ガチ目でも使える良き召喚サポート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ヒストリーアーカイブ』から登場した召喚方法サポートカード、その中でもオススメな2枚を紹介したいと思います。

《Into the VRAINS!》《オーバーレイ・ネットワーク》の2枚ですな。

アニメモチーフカードなのでファンデッキでも雰囲気を壊さず、普通の構築目線で見ても優良な完成度の高いカードとなっております!

スポンサーリンク

リンク召喚サポート・展開補助・リンク1を使うなら更に強い

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札からモンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターを含む自分フィールドのモンスターを素材としてリンク召喚する。
そのリンク召喚は無効化されず、そのリンク召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドのリンクモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、このカードを除外して発動できる。
元々の種族がそのモンスターと同じモンスター1体を自分の墓地から選んで手札に加える。

これは発動時声に出すと嬉しくなれるカード名ですねぇ。

手札から展開する展開補助効果、効果こそ無効になってしまいますが墓地効果を持つカードならばそれほど気になりませんね。

そしてリンク召喚を行います、このリンク召喚は無効にされず、召喚成功時に効果発動も許さない安全着地できる様になっています。

リンク1モンスターを出すならこのカードの処理だけで召喚権を使わず成立させる事が可能でリンク1を扱うデッキだと特に上手に運用できそうですね。

一連の処理で2回の特殊召喚を行うので《増殖するG》が辛いのが泣き所ですね。

(2)の効果はリンクモンスターの破壊をトリガーとしてこのカードを墓地から除外し破壊されたモンスターと同種族をサルベージ。

種族がある程度揃っているデッキならば有効活用できますね汎用リンクをバシバシ使うと受け身な効果もあって案外使いにくい部分もありそうですが…

ただ上手く使えるなら充分な効果なのでデッキ次第では非常に便利な効果です。

エクシーズサポート・召喚サポート・回収効果も

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じレベルを持つモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターがX素材としているカード1枚を持ち主の手札に加える。

永続魔法なので維持できれば恒久的に使えるカード、2つのモードを持ったカードとなっています。

1つ目のモードは自分フィールドのモンスターと同レベルを手札・墓地から特殊召喚、守備表示かつ効果無効なので攻撃要員にしたり効果を使っていく事は不可となっていますが、こちらも墓地効果ならば使っていけますね。

展開が墓地からも対応しているので手札が枯れてもエクシーズ召喚の助けとなってくれます、フィールドと同レベルもこのカードを採用するデッキならばレベルは揃えやすいであろうなのでそこまで気にしないで良さそうですね。

発動するターンにはEXからエクシーズモンスターしか特殊召喚できない制約が発生します。

2つ目のモードはエクシーズモンスターから素材を回収するという効果。

エクシーズモンスターあるあるですが効果で素材を1個使って除去される…こういった場合が多いですので場持ちを期待できないならばこの効果で回収して手札を維持するのも良いですね。

また素材ならば指定が無いのでモンスター以外の素材となった《RUM-幻影騎士団ラウンチ》などを回収する事ができます。

エクシーズ全般に渡って便利な効果なのでエクシーズ主体のデッキだと様々なデッキで採用検討できますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント