PR

「シークレットユーティリティボックス」《ヴァレット・コーダー》《最後の希望》収録・「リチュア」も再録だ

記事内に広告が含まれています。

「シークレットユーティリティボックス」に新規収録されるカード《ヴァレット・コーダー》《最後の希望》が公表されました。

また再録からは各リチュアモンスターの再録、これはとてもナイスですねぇ。

スポンサーリンク

《ヴァレット・コーダー》

効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1700/守 300
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードをリンク素材にできる。
(2):このカードを「ヴァレル」モンスターのリンク召喚に使用する場合、このカードの種族をドラゴン族として扱う。
(3):自分フィールドのこのカードを「ヴァレル」モンスターのリンク素材とする場合、手札の闇属性モンスターも1体までリンク素材にできる。

プレイメーカー・リボルバーのカテゴリ合体。

手札からリンク素材にできるサイバース族「コーダー」系の効果を持つカード。

今まで通り「コード・トーカー」以外に「ヴァレット」名称を冠しているだけあり「ヴァレル」モンスター素材にする場合はドラゴン族として扱う事ができます。

フィールドから素材する場合は手札の闇属性モンスターを1体素材化する事ができ、展開が追いつかなくてもリンク召喚が可能。

ストライカー・ドラゴン

ただし「ヴァレル」限定が故に《ストライカー・ドラゴン》には未対応となっています。

また融合は範囲外なので《ヴァレルロード・F・ドラゴン》素材も未対応です。

《最後の希望(ラストホープ・ナンバーズ)》

通常魔法
このカード名はルール上「ギャラクシーアイズ」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):LPを半分払い、自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を効果を無効にして特殊召喚し、その2体のみを素材として「No.」Xモンスター1体をX召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はこの効果によるX召喚以外では1回しかEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

「ギャラクシーアイズ」としても扱い、「ナンバーズ」と両方の名称を持つカードとなるので【ホープ】【ギャラクシー】両テーマでサーチなどがしやすくなっています。

ライフ半分をコストにして自分墓地のモンスター2体を蘇生して「No.」モンスターをエクシーズ召喚する効果。

発動後にはEXデッキから特殊召喚が1回の制約が付きます、この1回のカウントは重ねてエクシーズを行う場合の猶予とも取れますね。

未来龍皇ホープ

例えば蘇生から「未来皇ホープ」を出して「未来龍皇ホープ」を重ねるなどですね、流石に近代エクシーズだと重ねる猶予無しでは選択肢は狭まりますからねぇ。

また蘇生に関しては「そのモンスター2体を」のテキストがあるので効果処理時に片方が除外されたりすると1体も蘇生できない系テキストになっています。

【リチュア】モンスターがしっかり再録

シャドウ・リチュア
  • 《シャドウ・リチュア》
  • 《ヴィジョン・リチュア》
  • 《リチュア・アビス》

新規登場によって高額化していた各「リチュア」モンスターが再録。

構築ハードルがグッと下がりそうです、ドンピシャ再録ですね。

コメント