『遊戯王』《No.39 希望皇ホープ・ライジング》No.を蘇生し素材を付与

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ヒストリーアーカイブコレクション』の新規収録カードから新たな「ホープ」モンスターが公表されました。

「No.」…コンプリートファイルがコンプリートじゃなくなった…!?

スポンサーリンク

「No.」を蘇生・自己蘇生効果もあるホープ・素材を足せるのが魅力

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻 0/守2000
レベル4モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、「No.39 希望皇ホープ・ライジング」以外の自分の墓地の「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
その後、このカードのX素材を全てそのモンスターの下に重ねてX素材にできる。
(2):自分がX召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

「No.」を蘇生する効果、誘発は特殊召喚で正規でX召喚しなくても発動が可能でX素材も必要ありませんが、このカードのX素材を蘇生したモンスターに渡す事ができます。

墓地のXモンスター蘇生は《ガガガガマジシャン》とよく似ていますな。

ただこちらは「No.」なので「未来皇」のX召喚には不向きです、また「ロンゴミアント」を蘇生できますが足せる素材の数的に中々無理があるので雑に強い運用はされないように見受けられますね。

(2)の効果はX召喚成功時に自身を墓地から蘇生でる効果。

(1)の蘇生効果を誘発させる事ができるので盤面を作っていくのに適しています。

このカードは戦闘能力は低いので主に素材として活用したい所ですね。除外されてしまいますが重ねてエクシーズ以外にリンクも視野に入りますね。

重ねて素材化していれば(2)と(1)の蘇生によって展開を続けれる継戦能力を得る事ができますので上手く長期戦構築にする際は頼りになってくれそうですね。

自己蘇生すると(1)効果で蘇生しても渡せる素材が無いのでX素材が無くても機能する《No.4 猛毒刺胞ステルス・クラーゲン》や《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》などがあると良さそうです。

【ホープ】デッキだと様々な「No.」が選択肢に

エクシーズ・効果モンスター
ランク12/光属性/戦士族/攻3000/守3000
レベル12モンスター×3体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手ターンに、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
「No.1」~「No.100」のいずれかの「No.」モンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できず、このカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その相手モンスターの攻撃力を0にする。

【ホープ】デッキでは《No.99 希望皇ホープドラグナー》によって様々なランクの「No.」エクシーズモンスターを使用する事が可能です。

そうなると蘇生先もよりどりみどりではないでしょうか。

またX召喚扱いなので「ホープ・ライジング」の蘇生条件を満たす事もできます。

ただ「ドラグナー」を採用していると枠がカツカツな問題で新たなギミックを搭載するのは大変そうですねぇ。

純粋に蘇生カードとして1枠添えるならなんとかできるとは思いますが、やはりある程度シナジーを持たせたEXデッキ構成にしてやりたい所。

可能性を秘めていそうな良いカードなので研究はやりがいがありそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント