『遊戯王』ディメンション・フォース【EM】【オッドアイズ】新規・しっかり強いぞ!

スポンサーリンク

『ディメンション・フォース』発売後は【セリオンズ】が値段・人気共に躍進を見せていますね。完全なダークホースでした。

しかし表紙を飾る【オッドアイズ】の新規達もかなりの物です。構築をガッツリ進化させてくれます。

プレイヤーによって様々な構築がある【EM】【オッドアイズ】更に選択肢が増えたのは喜ばしい事ですね。

スポンサーリンク

《EMジェントルード》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守1000
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンに「EMレディアンジュ」が存在し、自分フィールドのモンスターが、存在しない場合またはPモンスターのみの場合に発動できる。
デッキから「オッドアイズ」カード1枚を手札に加える。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが破壊された場合に発動できる。
デッキから「EMジェントルード」以外の「EM」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
(2):このカードがEXデッキに表側表示で存在する場合、手札からPモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、自分のPゾーンの、「EM」カードまたは「オッドアイズ」カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す事ができる。

P効果は相方のスケールが「レディアンジュ」の場合かつモンスターの存在を参照してのサーチ。

フィールドのモンスターは存在しないorペンデュラムのみと条件は【オッドアイズ】【EM】なら比較的容易になっており、サーチも即時適応でき範囲も「オッドアイズ」カードなので戦略を広げてくれます。

「EM」はサーチに優れているので《EMドクロバット・ジョーカー》《天空の虹彩》・《EMペンデュラム・マジシャン》といったサーチカードで揃えに行く事も可能、これらのカードはモンスター効果の(1)を誘発させる為にも役立ってくれるので非常にシナジーの高いカードとなっています。

(2)のサルベージとセルフバウンスはスケールの再設置やスケールをモンスターとして使いたい際に利用できる効果となっています、これによりPスケールを「レディアンジュ」とこのカードで揃えやすくもしてくれています。

《EMレディアンジュ》

ペンデュラム・効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1000/守1500
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、自分と相手のモンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時に、手札からPモンスター1体を捨てて発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札から「EMレディアンジュ」以外の「EM」モンスター1体とこのカードを捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「オッドアイズ」カードまたは「EMジェントルード」が存在する場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

「ジェントルード」の相方、手札をコストに相手の攻撃力をダウン、見えている妨害となっており相手の攻撃牽制をする事ができます。

モンスター効果としては《トレード・イン》の様なルーティング、《灰流うらら》などを当てられてしまうとかなりのアド損となるので注意、また墓地へ送られた「EM」の再利用方法も用意しておきたい所。

自身は墓地にあるとPスケールとして設置が可能「ジェントルード」が存在すればそのまま「ジェントルード」のサーチ効果へ繋げれる可能性もあるのでプレイングする上で狙いにいきたいですな。

またレベル3なので《オッドアイズ・シンクロン》での蘇生にも対応しております。

《オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン》

儀式・ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2700/守2500
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。
その後、このカードを持ち主の手札に戻す。
【モンスター効果】
「オッドアイズ・アドベント」により降臨。
このカードは儀式召喚及び手札からのP召喚でのみ特殊召喚できる。
(1):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚する度に、相手に300ダメージを与える。
(2):1ターンに1度、相手が魔法カードの効果を発動した時に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置き、その相手の効果を無効にする。
儀式召喚したこのカードをPゾーンに置いた場合、さらにEXデッキから「オッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる。

新たな儀式オッドアイズ。

儀式ですがP召喚でも手札から展開が可能なので儀式あるあるな儀式モンスターだけ手札に来ても安心できますね。

モンスター効果も相手の魔法を無効と妨害効果持ちと優秀、その後Pゾーンに置くので自身のP効果でセルフバウンスと儀式魔法をサーチ・サルベージが可能となっており、1体で儀式召喚の準備を整えてくれる働き者。

《オッドアイズ・アドベント》を1枚採用でもサルベージ対応で複数回の儀式召喚も狙う事ができます。

《オッドアイズ・アドベント》も「オッドアイズ」カードなのでサーチなどに優れているのも良きポイントですね。

《EXP》

通常魔法
(1):このターン、自分は通常のP召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにEXデッキからP召喚できる。

EXデッキのみからですが追加でペンデュラム召喚が可能となるカード。

上手く活用するならリンクモンスターが必要となります、名誉リンクペンデュラムサポーターである《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を活用したい所、場合によっては《軌跡の魔術師》にする事でサーチをしたり相手の盤面へ干渉したりする事ができます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

PP2022でも新規が来ているので本当に構築幅が広いです。それぞれプレイヤーの好みに寄せて構築できる良いテーマですねぇ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テーマ
遊戯王JOY

コメント