『遊戯王』マスターデュエル・シングル戦でも強力なメタカード・構築で対処していかねば

スポンサーリンク

「マスターデュエル」配信から早くも1週間が過ぎましたねぇ、早いものです。

そんな1週間という期間で「マスターデュエル」でのカードプールでのシングル戦ならではな部分が見えてきましたね。

MTGのデジタル版である「MTGアリーナ」でもそうでしたがプレイしやすいデジタル版が出ると環境解明のスピードがとんでもない事になりますな。

そんな中シングル戦で危険なカードを挙げていこうと思います。

スポンサーリンク

《スキルドレイン》《王宮の勅命》シングルだと対処札が少ない場合も

永続罠
1000LPを払ってこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。

使用人口が多い【エルドリッチ】で使われる事が多いので印象に残る方も多いのでは的なメタ永続罠カード。

魔法を無効化する《王宮の勅命》も制限ながら良く一緒に使われていますね。

ここら辺はモンスター効果に大きく依存する遊戯王においてかなりのデッキにぶっ刺さる効果をしています。

マッチならサイドから対応する形になりますが、シングルだと中々対処し辛いのが現実。

シングルでメインから魔法・罠除去を多めに入れると相手によって腐ったりしてしまうのでバランスが重要ですね、出来れば様々な方法で多角的に対抗手段を用意したい所。

メジャー所はやはり《ハーピィの羽根帚》や《ライトニング・ストーム》ですかね、ここらは入れておくと安心感がありますね。

モンスターからは《ダイナレスラー・パンクラトプス》は制限カードで相手フィールドのみにモンスターが居ないと特殊召喚できませんがリリースして破壊を行うので《スキルドレイン》の影響を受けず破壊が可能、また《王宮の勅命》などにも対応可能です、特殊召喚封じの《虚無空間》は勘弁な!

他にもテーマから「カード破壊」効果を持つ魔法・罠・モンスターが居れば安心です、逆にそれらが無ければ《ツインツイスター》や《コズミック・サイクロン》がシングル戦だと欲しくなりますねぇ。

《崇光なる宣告者》諦めるレベルでヤバいカード

儀式・効果モンスター
星12/光属性/天使族/攻2000/守3000
「宣告者の神託」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):手札から天使族モンスター1体を墓地へ送って以下の効果を発動できる。
●相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

通称「アルデク」【ドライトロン】で大活躍中ですね「神巫」や「弁天」といった強力な天使族儀式関連カードとの相性が抜群。

海外のリミットレギュレーションではシステムの1部である《イーバ》が禁止になったばかりですね。

モンスター効果・魔法・罠の発動を無効にするだけではなくモンスターの特殊召喚すらも無効にできる完璧に近い妨害能力、手札コストとして天使族が要求されますが妨害にターン1が付いていないのでコストが続く限り妨害されます。

正直出会う度サレンダーしてる気がします…

メインデッキのみで対処となるのはチェーンに乗らない除去である「壊獣」が他の相手でも融通が効き便利かと思われます。

「壊獣」でOKというのは大抵に通じて回答としてあまりよろしくないかなって思う部分もあるのですがDCGで様々な相手・デッキパワーと出会うとそうも言っていられなくなる部分もあります。

また《冥王結界波》という対制圧モンスター用決戦兵器も存在します。

通常魔法
このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。
(1):相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

相手によってはそれほど効果が無かったり、魔法・罠でチェーンされたりするのでスロットを割くか少々怪しいですがプラチナ帯でモンスターによる制圧が厳しいと感じるなら採用も一考の価値アリですね。

紙の環境ではサイドでちょくちょく見かけるカードです。

《禁じられた一滴》もモンスターコストでチェーン不可にする事で打開する事ができます、他に魔法や罠をコストにすれば魔法や罠にもチェーンされず更に安心度が増します。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

現状でも独自リミットレギュレーションの「マスターデュエル」ですがマッチではなくシングル戦なので更に独自リミットレギュレーションが進むかもですねぇ。

今できる対応はサイドデッキに入っている対抗札をメインで搭載して上手く共存させたりして対応力を上げる事でしょうか。

コメント