『遊戯王デッキ』【スケアクロー】「鉄獣戦線」と組み合わせれる強み

スポンサーリンク

『ディメンション・フォース』で新登場テーマとなった【スケアクロー】相場的にもかなりお手頃価格なデッキとなっています。(セリオンズ高すぎるんじゃぁ…)

テーマの種族的に見ていると【鉄獣戦線】と組み合わせれそうです、デッキパワーの底上げ・打開札をプラスできるので結構良さそうです。

また3軸としての動きもあるのでデッキ自体の受けは中々に高そう。

スポンサーリンク

『デッキ概要』守備表示を駆使して戦うテーマ・守備で攻撃したりリンクモンスターを強化したり

「スケアクロー」の各下級モンスター達は以下の共通特殊召喚効果を持っています。

このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードは自分フィールドの「スケアクロー」モンスターの隣または同じ縦列の自分のメインモンスターゾーンに手札から特殊召喚できる。

隣接できるだけで特殊召喚できるのは非常に緩い特殊召喚方法ですね。できなくなる事は少ないと思われます。

1つのポイントとしては着火となる1体目の「スケアクロー」の展開が必要な点ですね、1体目が着地できないと連続特殊召喚は不可能になるので通常召喚を行使した1発目が通らないと機能不全を起こしてしまします。

破壊による妨害ならば蘇生札である《肆世壊の新星》でリカバーする事もできますがバウンスなどされるとたまった物ではありません。

EXゾーンの「スケアクロー」モンスターに効果を付与する

また「スケアクロー」各レベル3獣族モンスター達はEXモンスターゾーンの「スケアクロー」に強化を付与する事ができます。

それぞれの下級で「攻撃力アップ・種類の数まで連撃・貫通を付与」ができます、どれも攻撃的な効果で揃えばフィニッシュまで持っていけそうなポテンシャルですね。

現状EXモンスターゾーンに置ける「スケアクロー」はリンク3の《スケアクロー・トライヒハート》のみとなっています。

「鉄獣戦線」の力を借りる

《スケアクロー・ライヒハート》と《ヴィサス=スタフロスト》が戦士族ですが他のモンスターは獣族となっているので現状だと「鉄獣戦線」の力を借りたい所。

初動の1つとして《レスキューキャット》も非常に相性が良いですが、こちらも潰されると「スケアクロー」だけではリカバーが非常に難しい問題はそのままです。

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

「トラブリゲード」からはお馴染みの「フラクトール」から「ナーベル」による墓地送り・サーチ「キット」による墓地送りにより高速で墓地が肥えていきます。

《鉄獣戦線 塊撃のベアブルム》を間で特殊召喚すれば《鉄獣の抗戦》を伏せてターンを渡す事ができます。

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

普通の「トライブリゲード」出張ムーブですがここからウィークポイントである「召喚権」行使初動のケア。

《鉄獣戦線 徒花のフェリジット》でケアする

獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

手札からの対応3種族の下級モンスターを特殊召喚できるのは非常にありがたいです。

「フェリジット」自身も「トライブリゲード」の墓地リソースでの特殊召喚で素材を軽減できます。

通常召喚を潰されている想定なのでそこを補えるカードは《鉄獣戦線 ケラス》となります。

手札から対応3種族を切って特殊召喚できる彼は墓地リソースを稼ぎながら自己特殊召喚できるので非常にお助け要素が高いです。

【スケアクロー】の下級は《スケアクロー・ライヒハート》以外はフィールドで効果発動しないので先攻では潰されにくいです、最初に「ライヒハート」から召喚して《幽鬼うさぎ》を浴びるとアウトなので気をつけたいですね。

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/獣戦士族/攻3000
【リンクマーカー:左下/下/右下】
効果モンスター3体
このカードはリンク召喚でしか特殊召喚できない。
(1):フィールドの表側表示モンスターは守備表示になる。
(2):フィールドのこのカードは守備表示モンスターが発動した効果を受けない。
(3):1ターンに1度、このカードがEXモンスターゾーンに存在する場合、
自分の墓地の「スケアクロー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、デッキから「スケアクロー」モンスター1体を手札に加える。
この効果を発動したターン、自分は「スケアクロー」モンスターしか特殊召喚できない。

後攻からの捲くりはテーマリンクの《スケアクロー・トライヒハート》が心強いです、先攻時でも守備表示化の永続効果によって居るだけで妨害できるので攻守自在ですな。

また場面によっては《アクセスコード・トーカー》へ繋ぐのもアリですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

やはり初動関連のカードがまだ足りない感じがします、追加で初動やリンクモンスターが増えて戦術が増えるとググっと強くなりそうな可能性を感じるテーマですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
デッキ解説
遊戯王JOY

コメント