『遊戯王マスターデュエル』大流行中の【エルドリッチ】対策・派生プランデッキについて考察する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リリースから2日目の『遊戯王マスターデュエル』1日でランクマッチは随分と変わった感じが致します。

まずはシルバーランクTier3の時点でも【エルドリッチ】【ドラゴンメイド】【ドライトロン】といったこのプールでの環境デッキがとても多くなりました。

その中でも群を抜いてマッチングするのが【エルドリッチ】少ないUR・SRで組める上に回しやすいのでウケている様です。

かく言う私もCP(クラフトポイント)で作っちゃいました。ちょいちょいパーツ妥協部分がありますが…マスターデュエルからの人にも向けて改めて見ていきましょう。

スポンサーリンク

墓地除外が素直に効く・《D.D.クロウ》や《墓穴の指名者》など《拮抗勝負》はクリティカルヒット

効果モンスター
星10/光属性/アンデット族/攻2500/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手ターン終了時まで、攻撃力・守備力が1000アップし、効果では破壊されない。

基本的に【エルドリッチ】はアンデット族デッキとなっており、墓地リソースに大きく依存します。

《黄金卿エルドリッチ》は手札から自身を墓地へ送り込め、自身で戻ってこれるのが非常に強いムーブとなっております。

その過程でフィールドのカードを墓地へ送り除去をしたり自身の効果で蘇生されると攻守が1000アップし高い戦闘力を持ちます、適用期間も相手ターン終了時までと長めの適用。

ただしそれらの間にチェーンで入り込む事ができます、つまりは除外してやれば良い、という訳ですね。

速攻魔法
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

汎用カードならば《墓穴の指名者》とどのデッキにも入り得る汎用カードで対応が可能。URですが本当にほぼ全てのデッキに入るカードなのでCPを使うなら《灰流うらら》《増殖するG》と並ぶ汎用最優先候補となっています。

速攻魔法でフリーチェーンで発動ができますがあまり無闇に撃つと相手もチェーンして蘇生札である「エルドリクシル」を発動して不発にしようとしてくるのでタイミングは結構大事です。

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
(1):このカードを手札から墓地へ捨て、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

手札から捨てる事でフリーチェーンでの墓地除外カード「エルドリッチ」の蘇生にチェーンしてやれば蘇生を防ぐ事ができます。

このカードも墓地を睨むなら汎用性の高いカードです、環境テーマである【鉄獣戦線】ならば種族シナジーを活かして墓地に居ても展開するためのリソースとなってくれます。

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドのカードの数と同じになるように、相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

発動条件を満たせば手札からも発動可能な罠カード。基本この手札から奇襲として使う事がメイン。

効果的に発動しやすいのは後攻時でおもむろにバトルフェイズに入って終了を宣言、相手が察する瞬間ですね。

裏側除外なので再利用も難しく【エルドリッチ】は魔法・罠を伏せて戦うテーマなので巻き込み数はかなりの物となります。

短所としては効果処理時に自分フィールドに《拮抗勝負》がありそれがカウントされるので相手はカードを1枚残せます。

それと魔法・罠をたくさん伏せるので《ハーピィの羽根帚》や《ライトニング・ストーム》も有用ですね、【エルドリッチ】側もこれらで捲られるのを想定して無効カウンター罠である《神の宣告》を3枚フル投入する傾向にありますのでご注意を。

ただ《神の宣告》召喚の類も無効にできるので撃たせてナンボな所もありますね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

丁寧にバックを剥がしてもエンドフェイズにリカバーしたりとアドバンテージ確保に優れたデッキです。使用率はおそらくトップクラスなので墓地対策・バック対策を少し厚くすると良さそうです。特に墓地除外は現代遊戯王では他のデッキ相手でも腐りにくいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント