『遊戯王新規』《水陸両用バグロス Mk-11》がディメンション・フォースに収録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日も『ディメンション・フォース』に新規収録されるカードの判明がありました。

《水陸両用バグロス Mk-11》過去カードの《水陸両用バグロス》《水陸両用バグロス Mk-3》から大きく飛んで11号機となる最新機体。

馬力が違います、となるでしょうか。

スポンサーリンク

「海」の有無でそれぞれ違う効果を持つ上級機械族モンスター

効果モンスター
星5/水属性/機械族/攻1850/守1500
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドに「海」が存在しない場合、このカードの攻撃力は700アップし、このカードは直接攻撃できない。
(2):フィールドに「海」が存在する場合、水属性以外の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

レベル5・水属性の機械族モンスター。

初代はレベル5融合バニラモンスターで「Mk-3」がレベル4で「海」があればダイレクトアタックできる効果モンスターでした。

「Mk-11」もそれらの要素を引き継ぐカードとなっています。

「海」が存在しないと攻撃力が700アップしますがダイレクトアタックが不可能に、逆に「海」があると水属性以外のモンスターを破壊する効果が適用されます。

純粋に「海」が無いと戦闘要員、「海」があると除去要員と使い分ける事ができるモンスターですね。

パンプアップすると攻撃力2550と50のラインで突破可能なモンスターの幅が結構広がる感じですね、このラインの50は本当に大きい。

水属性以外を破壊も対応できる範囲は広めですね。

ただこのご時世なら「海」があれば効果両方使わせてと言うのは贅沢でしょうか…?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント