『遊戯王環境』やはりまだ使われる【勇者】セット・【勇者デスピア】も優勝

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新改訂での大会も増えてきましたね。

そこで気になったのが規制されるも準制限で留まった「勇者」出張セット。

一番上手に使えていた【幻影騎士団】も初動となる「ティアースケイル」制限化を受けましたね。

しかしながら「勇者」出張はまだまだ見かけそうですね。

スポンサーリンク

【勇者デスピア】も現る

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は特殊召喚されたモンスター以外のフィールドのモンスターの効果を発動できない。
(1):自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「勇者トークン」(天使族・地・星4・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
自分フィールドに「運命の旅路」が存在しない場合、
さらにデッキから「運命の旅路」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

準制限に規制された《アラメシアの儀》と《聖殿の水遣い》どちらも「勇者」の重要なファクターとなるカードですね。

《アラメシアの儀》はトリガーとなる勇者トークンの生成と《運命の旅路》をデッキから置く事ができるアドバンテージの塊ですね。

デメリットとして通常召喚したモンスターの効果が封じられます。

そして【勇者デスピア】と今勢いのあるデッキとのタッグも登場しました。

パワー+パワー!やはり「勇者」の受けの広さは凄まじいものがありますねぇ。

「アルベル」の通常召喚などは効果を使えなくなりますが《烙印開幕》でリクルートするなどでサーチ効果を使っていく事が可能です。

展開も融合によって行うので阻害する要素は少ないですね。

【烙印デスピア】は制圧力が足らない部分があるので「グリフォンライダー」による制圧+1は非常に大きな助けとなってくれそうです。

ここまで流行ると《超融合》が再び制限化もあり得るかもしれませんな、私も【デスピア】を回しましたがこのデッキの《超融合》はとんでもない強さです。

【天威勇者】も、トークンのバニラシナジーが活きていますね。

結構グッドスタッフに近い形で構築されています。

「ハリファイバー」「アウローラドン」による展開と強力な幻竜族シンクロモンスターによりパワフルなエクストラデッキとなっています。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

結構遊戯王はグッドスタッフに対して厳し目の規制をする傾向があるのでまだまだ活躍し続けると次回の改訂で再規制するのもあり得る話ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大会結果
遊戯王JOY

コメント