『遊戯王相場』アクセスコード・未来龍皇の再録で出す手段のカードが高騰

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ヒストリーアーカイブコレクション』でEXデッキの2大高額・強力カードである《アクセスコード・トーカー》と《FNo.0 未来龍皇ホープ》が再録されます。

再録とならばこれら2枚の値段は大きく下がりそうですねぇ、10期仕様アルティメットレアやホロに20thといったレアリティはある程度維持をしそうですが。

そこで値段が動いたのはこれらのカードを出す為に使われるカード達です、やはり相場はシーソーゲームですな。

スポンサーリンク

「未来龍皇」の召喚をサポートする《ガガガガマジシャン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/魔法使い族/攻2000/守2000
レベル4モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、「ガガガガマジシャン」以外の自分の墓地のXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
(2):このカードを素材として持っている「未来皇ホープ」Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードのX素材を2つ取り除き、自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は4000になり、効果は無効化される。

墓地に蘇生できるランク4モンスターが必要となりますが、このカードから「未来皇」そして「未来龍皇」へ繋げる事ができます。

「未来皇」のX召喚条件が「同ランクの非No.」2体と高めの展開力を要求されるので墓地利用を介する事になりますがハードルを下げてくれるこのカードはデッキによっては強い助っ人となってくれそうです。

買取が300円くらいとプチ高騰ですね、以前は100円とかでした。

収録パックが強くよく剥かれた印象です、販売は500円くらいな感じですね。

《アクセスコード・トーカー》召喚ギミック《神聖魔皇后セレーネ》再び2000円超えに

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/下/右下】
魔法使い族モンスターを含むモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
(2):フィールドに「エンディミオン」カードが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

「ハリファイバー」から《エフェクト・ヴェーラー》をリクルートして「セレーネ」をリンク召喚、ヴェーラーを蘇生すれば《アクセスコード・トーカー》に辿り着けるシステムですね。

この動きで墓地に属性が違うリンクモンスター2体とリンク3モンスターを用意できるので攻撃力5300で2枚カード破壊が可能な《アクセスコード・トーカー》が出来上がります。

【閃刀姫】のフィニッシュパターンとしてもよく見かけます。

《アクセスコード・トーカー》の再録が昨日の夜だったのでショップTwitterでは対応されませんでしたがフリマサイトでの動きが早かったですね。

1000円強くらいだったのですが2000円超えでの取引もあります、以前も「セレーネ」は2000円くらいの時期もあったのですが収録パックである「LVP3」が2度ほど再販されたので落ち着きだしていたのですが、ここに来て再び高騰となりました。恐ろしいパックやでぇ…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
相場情報
遊戯王JOY

コメント