『遊戯王OCG』買取相場【捕食植物】関連カードの高騰・新規の期待値高し

スポンサーリンク

ジャンフェスが明けて相場に動きがありました【捕食植物】関連カードの高騰です。

発表された新規達は強力かつ魅力的なので人気になるのも頷けますね。

融合デッキの大流行もあり更に後押しする形となりますねぇ。

スポンサーリンク

《捕食植物トリフィオヴェルトゥム》や《捕食活動》が高騰

融合・効果モンスター
星9/闇属性/植物族/攻3000/守3000
フィールドの闇属性モンスター×3
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカード以外のフィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。
(2):このカードが融合召喚されている場合、相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
(3):相手フィールドのモンスターに捕食カウンターが置かれている場合に発動できる。
このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

《捕食植物トリフィオヴェルトゥム》が高騰となりました、収録は『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-』でウルトラレアとなっています。

高騰により1000円買取まで上昇しています。

素材がフィールドの闇属性3体と重たいですが新規達の活躍に期待して需要が上がっているようですね、特殊召喚無効と自己蘇生効果を持ち合わせている粘り強いモンスター。

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札から「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、デッキから「捕食活動」以外の「プレデター」カード1枚を手札に加える。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

《捕食活動》も1000円買取まで高騰。

こちらも収録は『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-』にてスーパーレアでの収録となっています。

展開をしてサーチを行う効果、モンスターのみならず「プレデター」カードと範囲が広いのが良いですね。

融合縛りが発生しますが発動後なのである程度コントロールできますね、これは需要が高まる訳ですねぇ。

【E・HERO】新規の噂・《ネオス・フュージョン》は持っておけ?

通常魔法
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、「E・HERO ネオス」を含むモンスター2体のみを素材とするその融合モンスター1体を召喚条件を無視してEXデッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):「E・HERO ネオス」を融合素材とする自分フィールドの融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、または自身の効果でEXデッキに戻る場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

新セットである『POWER OF THE ELEMENTS』が発表され、名前的に【E・HERO】に新規が!?と噂になっていますね、前回の『バースト・オブ・デスティニー』での【D-HERO】や『ドーン・オブ・マジェスティ』での【セイヴァー】など予想されて的中した歴史がありますからねぇ。

そこで《ネオス・フュージョン》を500円買取しているお店もあります《ネオス・フュージョン》もデッキ融合だなぁ大丈夫かなぁとしみじみ思います。

コメント