『遊戯王OCGデッキ』【真紅眼】の現在・良相性なカード《カイザー・グライダー-ゴールデンバースト》がギラリ

初期バニラ御三家とも言える【真紅眼】デッキ。

【ブラック・マジシャン】と【青眼の白龍】は強化を貰いましたが【真紅眼】は遅れを取っています。その分次回強化が楽しみでもありますね。

今回は【真紅眼】の現在の構築にて使われる良相性カードをフィーチャーしていこうと思います。

打点変動で戦闘に強くなろう《カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト》

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力と同じになる。

VJの応募者全員パックにて登場したモンスター。

モンスターをリリースする事で誘発即時効果にて自己特殊召喚できるモンスター。

相手フィールドのモンスターの打点と同じ数値になる事ができます、対象に取れれば厄介なモンスターでも戦闘で突破する事ができますね。

バトルフェイズに飛び出て来たり、素でも2400打点あるので相手の場が空いた所に連撃としても使えます。

そして「レベル6」ドラゴン族モンスターなのが【真紅眼】にとって重要、真紅眼融合モンスターの中でも強力な《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》の素材となる事が可能です。

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

リリースを多用するデッキ《闇黒の魔王ディアボロス》は高シナジー

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。
(3):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

リリースに反応して手札・墓地から特殊召喚できる攻撃力3000かつ対象耐性・リリース耐性を持つモンスター。

上述した「カイザー・グライダー」もリリースを行うカードですね、《真紅眼の亜黒竜》や《伝説の黒石》も展開にリリースを行っていく動きなのでリリース反応は高シナジーとなっています。

また「ディアボロス」は手札をデッキに戻させるハンデスも内蔵、墓地へ送らせないのでカードは相手が選ぶとは言え墓地へ落とさせる事は許しません。

相手モンスターを代わりにリリースできる様になる《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》まで手を伸ばすかどうかはプレイヤー次第な所ですかねぇ。

《伝説の黒石》が使い回せるので結構恒久的な展開が望めます。

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
「伝説の黒石」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを手札に加える。

EXデッキのモンスターの破壊をケア《ヴァレット・リチャージャー》

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守2100
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚された自分フィールドの闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、破壊されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々のカード名が異なる闇属性モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚する。
(2):EXデッキから特殊召喚された闇属性モンスターが自分フィールドに存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

EXデッキから出てきた闇属性モンスターが破壊されると自身を手札・フィールドから墓地へ送る事で蘇生を行うカード。

破壊されたモンスターをそのまま蘇生する事は叶いませんが戦線を絶え間なく補充してくれるカード。受けに回る時不安がある【真紅眼】には嬉しいケア効果。

正規融合していれば《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》なども蘇生が可能、他にも《ヴァレルソード・ドラゴン》なども元がヴァレットのカードなので対応。

また《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を蘇生すれば更に蘇生を行うチャンスが発生します。

レベル8シンクロシステム《ヴァレット・シンクロン》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

こちらも【ヴァレット】からの出張、闇属性ドラゴンテーマなので相性が良いですね。

レベル1チューナー、通常召喚でないと効果は発動しないものの上級以上の闇ドラゴンを蘇生。

《真紅眼の黒竜》を蘇生すればそのままレベル8シンクロorリンク2へ向かう事が可能、EXから闇属性縛りが付くのでシンクロのが使いやすさはありますね。

シンクロ先としては墓地にリンクモンスターを用意できていれば《ヴァレルロード・S・ドラゴン》で制圧を目指したり《混沌魔龍 カオス・ルーラー》で墓地肥やし+手札補充をしアドバンテージを稼いだりですかね。

コメント