『遊戯王OCG新規』《烙印喪失》環境デッキに新規の後押し|ディメンション・フォース収録カード

スポンサーリンク

ディメンション・フォースの収録、新規カードはストラクチャーデッキにて発売された『アルバ・ストライク』での【烙印】新規カード。

現在もっぱら環境クラスのデッキとなっており、そのテーマに新規登場とこれは更に後押しとなるでしょうか。

スポンサーリンク

《烙印喪失》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの融合モンスター1体とEXデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
このターンのエンドフェイズに、お互いはそれぞれ自身のEXデッキから「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスター1体を特殊召喚できる。

「烙印」カテゴリに当たる新規カード。アクセスとしては《デスピアの導化アルベル》と《スプリガンズ・キット》によってサーチやサルベージに対応しております。

効果の方は自分の融合モンスターとEXデッキから出てきた相手モンスターをデッキバウンス。

そしてエンドフェイズにて互いにEXデッキから《アルバスの落胤》素材融合モンスターと特殊召喚できるという物。

バウンス効果は2:1交換となりアド損してしまう除去ですが、エンドフェイズに「落胤」素材の融合モンスターの特殊召喚は面白いですねぇ。

相手によっては一方的に展開できますね、もちろんミラーならばお互いにモンスターが特殊召喚される事となります。

環境の一角となっているデッキなので大会でもミラーマッチは意識しなければならいない状況でのこの効果は試されている気がしますわ…

特殊召喚候補「ミラジェイド」の効果を2回発動も狙える

エンドフェイズの特殊召喚はエース《氷剣竜ミラジェイド》が有力となるでしょう、ただし融合召喚ではないので場から離れた際の相手モンスター全破壊は発動できません。

しかし対象を取らない除外を使えるだけで充分ですね、名称ターン1が付いていないので普通に融合召喚した1体目の効果を使って《烙印喪失》で戻してまた出すといったプレイングも可能。

ただ蘇生制限を満たせなくなるので蘇生・帰還を狙いたい場合には要注意。

相手が《氷剣竜ミラジェイド》をEXに入れているだけでもちょっとしんどくなりますな。

先攻で腐ったりするのでちょっと怪しいですが大会で流行るとサイドチェンジに駆け引きが発生するかも?

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

いやはやミラーが珍しくない時代にこれはどう受け取れば良いのか(汗)ともあれミラーで無い場合はかなり強力なカードですね。「ミラジェイド」2回構えるのはお強そう。

コメント