【ふわんだりぃず】【勇者トークン】マスターデュエルに登場・環境が動くか

スポンサーリンク
ふわんだりぃず×えんぺん

「マスターデュエル」にてそろそろ来るであろうと言われていた【ふわんだりぃず】と【勇者トークン】まぁ順番的にやはり来ましたね。

強力なカード達なのでマスターデュエルの環境に動きが出そうです。

スポンサーリンク

【ふわんだりぃず】シングル戦で特に強いテーマデッキ

【ふわんだりぃず】の基本的な動きと情報、基本的に風属性水属性の鳥獣族テーマとなっております。

  • 「召喚」による展開が基本・特殊召喚を行わない墓地利用もしない

召喚して効果による召喚を行って連鎖して動いていきます。

これにより紙のテーブルトップでもそうですが採用率がとても高い《増殖するG》が完全に機能しなくなります。

その他特殊召喚に関するカード《虚無空間》などもも同じくですね。

また下級「ふわんだりぃず」達は墓地へ行かず除外され、効果が発動するので墓地依存しないので《墓穴の指名者》など墓地対策も刺さりにくいです。

むしろ除外のが良いので《マクロコスモス》や《ディメンション・アトラクター》がメインから採用されています。

  • アドバンス召喚で最上級を展開する
ふわんだりぃず×えんぺん

効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札を1枚除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

召喚から召喚と連鎖してアドバンス召喚により大型モンスターを展開します。

テーマからは「えんぺん」が強力です、サーチ効果に加え、召喚効果とアド源になりつつ特殊召喚された攻撃表示モンスターの効果発動を封じます。

リンクモンスターならば守備にできないので完封される事も。

そしてダメージ計算時に相手の攻守を半減させる効果によって戦闘でも生存率が高いです。

他の大型モンスターからはフィールドから2枚・墓地から1枚バウンスできる《烈風帝ライザー》が人気です。

また制圧モンスターである《霞の谷の巨神鳥》も人気ですな。

また下級からは《烈風の結界像》も置く事ができ、かなり厄介な布陣となります。

動き方や墓地依存しないなどなど独自戦略によりシングル戦で特に強いデッキ、《増殖するG》が腐ってしまうのがキツいです。

【勇者トークン】ギミック・「デスフェニ」級の出張性能

アラメシアの儀

OCGでも猛威を振るった【勇者トークン】出張ギミック。

マスターデュエルの現在のレギュレーションでは「デストロイフェニックスガイ」と共存するので出張ギミックがとても熾烈な物となります。

規制ペースがゆっくり目なOCGでも4ヶ月くらいで規制が入りました。

《アラメシアの儀》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は特殊召喚されたモンスター以外のフィールドのモンスターの効果を発動できない。
(1):自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「勇者トークン」(天使族・地・星4・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
自分フィールドに「運命の旅路」が存在しない場合、さらにデッキから「運命の旅路」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

基本「勇者トークン」を参照して動く事となります。

トークンを特殊召喚する《アラメシアの儀》は《聖殿の水遣い》でサーチする事が可能。

また《運命の旅路》なども間接的にサーチが絡んでくるのでかなり厚いアクセス体制を持っています。

《流離のグリフォンライダー》

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2000/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに、モンスターが存在しない場合、または「勇者トークン」が存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「勇者トークン」が存在し、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを持ち主のデッキに戻し、その発動を無効にし破壊する。

勇者ギミックで目指すのがこのカード。

「勇者トークン」を参照してお互いのメインフェイズに特殊召喚ができ、魔法・罠・モンスター効果を無効にして破壊と強力なカウンターを放つ事が可能です。

自身はデッキに戻るのですが、《運命の旅路》によってサーチする事で再び舞い降りる事ができます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

OCGでは【幻影騎士団】と組み合わす【幻影勇者】が流行し、環境トップクラスのデッキでした。

コメント