【スケアクロー】《スケアクロー・ライトハート》しっかり強化されている・リンク1サーチは偉大|遊戯王OCG

スポンサーリンク

今回は【スケアクロー】について2022年1月の『ディメンション・フォース』にて登場したテーマで、主にレベル3の獣族で戦うテーマとなっています。

個人的に潜在能力はしっかりあると思っています。

その中でも『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』で登場した新規カード《スケアクロー・ライトハート》に焦点を当てていきます。

スポンサーリンク

リンク1でキーカードサーチは強い

《スケアクロー・ライトハート》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/獣戦士族/攻 500
【リンクマーカー:左】
「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体
このカードをリンク召喚する場合、自分のメインモンスターゾーンのモンスターしかリンク素材にできない。
このカード名の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードがEXモンスターゾーンにリンク召喚された場合に発動できる。
デッキから「肆世壊=ライフォビア」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

リンク1モンスター、素材は「スケアクロー」以外にもストーリーのカードである《ヴィサス=スタフロスト》も対応しています。

EXモンスターゾーンにリンク召喚すれば《肆世壊=ライフォビア》をサーチが可能。

従来ではキーカードでありながら「スケアクロー」名称では無かったのでアクセスしにくかったカードを簡単にサーチできるようになりました。

《ヴィサス=スタフロスト》を参照しての事故蘇生効果、こちらはデュエル中1度の効果となっております。

《肆世壊=ライフォビア》

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を手札に加える事ができる。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、フィールドの守備表示モンスターの数×100ダウンする。
(3):フィールドに守備表示モンスターが3体以上存在する場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

サーチできる「ライフォビア」フィールド魔法なので《テラ・フォーミング》や《メタバース》に対応はしていますが前者は制限カード、後者は罠カードだったので少々難がありました。

発動時の処理でサーチ・相手フィールドのモンスターの攻守をダウン・3体守備モンスターが揃えば相手カード破壊と有用な効果が詰め込まれています。

攻守ダウンは低下倍率が低いですがお互いのフィールドを参照し、表側表示のモンスターを全て守備表示にする《スケアクロー・トライヒハート》の効果で並び方次第では馬鹿にできない数字になりえます。

《ヴィサス=スタフロスト》

チューナー・効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻2100/守1500
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、
このカードとは種族と属性が異なる自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力と元々の守備力の内、高い方の数値の半分だけこのカードの攻撃力はアップする。

「ライフォビア」でサーチして「ライトハート」を破壊すれば展開できるシステムになっています。

チューナーモンスターであるのを活かすと「ハリファイバー」の展開から「ハリラドン」を狙ったりする事もできますね。

また相手盤面次第で戦闘破壊できそうならばパンプアップを見込んで戦闘要員にするのも良いですね。本人の素攻撃力もそこまで低くはありませんし。

シンクロ素材の場合だとレベル6が3軸となら2体素材のレベル9とちと使いにくいですがレベル4の《スケアクロー・ライヒハート》とならばレベル10となり《フルール・ド・バロネス》などを展開する事ができます。

《肆世壊からの天跨》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの、「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体と、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力と守備力の内、高い方の数値分だけその自分のモンスターの攻撃力・守備力をアップする。
●自分フィールドの、「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」を対象とする効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にする

『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』でのもう1枚の新規カード。

相手盤面に依存しますが攻守アップと戦闘能力を上げるモードと対象を取られた場合にその効果を無効にする攻めにも守りにも使えるカード。

エースであり制圧の要であるリンク3の《スケアクロー・トライヒハート》の場持ちがよくなり維持しやすくなりますね、元々守備表示モンスターが発動した効果を受けない耐性がありますがより硬くなれます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

ここ最近の強烈なカードに隠れがちですが優良テーマですよー!

コメント