【相剣】店舗ランキングデュエル優勝・1デュエル制

スポンサーリンク
相剣大公-承影

大会結果、今回は久々に見た感がある【相剣】デッキがランキングデュエル(1デュエル制)で優勝となりました。

スポンサーリンク

伝統の【天威相剣】軸

相剣大公-承影

優勝おめでとうございます!

【相剣】についてはサーチカードの《龍相剣現》の準制限が地味~に辛い所もありましたが時代の流れで緩和となりました。

構築は【天威相剣】となっており「ローズ」要素までは取り入れていない型となります。

各「天威」カード達は器用なのでデッキの回転や対処に役立ってくれます。

フィールドに効果モンスターが居るとアウトなので変換用に《天威の拳僧》が2枚採用されています。

そして《簡易融合》が搭載されており、《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》と《魔鍵召獣-アンシャラボラス》が採用されています。

ミレニアム・アイズ・サクリファイス
《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》

融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「サクリファイス」+効果モンスター
(1):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、相手のフィールド・墓地の効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の効果モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値分アップする。
(3):このカードの効果で装備したモンスターと元々のカード名が同じモンスターは攻撃できず、その効果は無効化される。

《魔鍵召獣-アンシャラボラス》

融合・チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/獣族/攻2200/守2000
「魔鍵」モンスター+トークン以外の通常モンスター
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地から「魔鍵-マフテア」1枚を選んで手札に加える。
(2):1ターンに1度、自分の墓地の通常モンスターまたは「魔鍵」モンスターのいずれかと同じ属性を持つ、相手の攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にし、その守備力を1000ダウンする。
(3):このカードが戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。

自分ターンに動きやすいように牽制となる「ミレサク」と「相剣」で欲しい所であるレベル4チューナーを調達する為に「アンシャラボラス」と使い分けれるようになっています。

コメント