【空牙団】に新規カード《空牙団の積荷 レクス》《空牙団の懐剣 ドナ》考察

スポンサーリンク
空牙団の懐剣ドナ

2022年7月16日発売のレギュラーパックにて登場するのはまさかまさかの【空牙団】新規。

突然の新規登場に界隈も僕も驚いています。

枚数も2種類、その内1枚はリンクモンスターとなっています。

スポンサーリンク

《空牙団の積荷 レクス》

効果モンスター
星2/地属性/恐竜族/攻 300/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「空牙団」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドに「空牙団」モンスターが存在する場合、自分・相手のメインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「空牙団」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
対象のカードがモンスターの場合、手札に加えず特殊召喚する事もできる。

積荷の卵が孵化しちゃったのであろうシチュエーション、そして仲間に?

効果は展開時に「空牙団」魔法・罠をサーチとこれだけでかなり便利な効果になっています。

速攻魔法《新風の空牙団》をサーチしてこのカードをコストにする事で展開とサーチを担い中核となる《空牙団の剣士 ビート》をリクルートする事ができます。

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は「空牙団」モンスターでしか攻撃宣言できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターよりレベルが1つ高い、またはレベルが1つ低い「空牙団」モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。

(2)の効果はお互いのメインフェイズに発動できる自身を墓地除外しての墓地から「空牙団」カードを回収、モンスターならば特殊召喚する事も可能。

自分フィールドに空牙団が存在しないといけませんが、その分モンスターなら特殊召喚ができるのは非常に大きなメリット。

また墓地へ送られたターンでも発動できるのが強みですね、レベルも問わないので最上級「空牙団」を蘇生する事もできます。

メインフェイズなら相手ターンでも使えるので盤面や相手の動きに合わせて動く事もできプレイングの幅が広がりますね。

《空牙団の懐剣 ドナ》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣戦士族/攻1600
【リンクマーカー:下/右下】
種族が異なるモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの「空牙団」モンスター1体と相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターとは元々のカード名が異なる「空牙団」モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
リンクモンスターをリリースして発動した場合、さらにもう1体選んで特殊召喚できる。

リンク2モンスターの「空牙団」モンスター、素材は種族が異なるモンスター2体と【空牙団】では簡単な要求素材となっています。

2つの効果がありますが1ターンに発動できるのはいずれか1つなので注意ですね。

(1)の効果は自分「空牙団」と相手モンスターを破壊、いわゆる「スクラップ・ドラゴン」の様な効果。

自身も対象にできるので自軍の破壊できるカードが無い事態はほぼ起きないかと。

また獣戦士族なので【トライブリゲード】達の効果でも特殊召喚でき、除去札として汎用性が高そうですね。

(2)の効果は自分フィールドモンスターをリリースし、カード名が違う「空牙団」を手札から展開するか蘇生する事ができます。

リンクモンスターをリリースすると手札展開・蘇生するモンスターをもう1体プラスする事ができます。

リンク数は問わないのでリンク1の「転生炎獣アルミラージ」などを活用すると最大限のアドバンテージ獲得となりそうです。

自身をリリースして2体蘇生も十分にアリですね。

コメント