アマゾネス続く新規《アマゾネスの拝謁の間》《アマゾネスの秘湯》

スポンサーリンク

『デュエリストパック 輝石のデュエリスト編』に続き『アニメーションクロニクル2022』でも新規が登場する【アマゾネス】

これらも「遊戯王 ARC-Ⅴ」で登場したタイラー姉妹の使用したカードとなっています。

スポンサーリンク

《アマゾネス拝謁の間》

《アマゾネス拝謁の間》
永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分の墓地のモンスター及び自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、「アマゾネス」モンスター1体を選んで手札に加えるか、「アマゾネス」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く事ができる。
(2):自分フィールドに「アマゾネス」モンスターカードが存在し、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、
その相手モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

「アマゾネス」永続罠カード。

アクセス手段は《アマゾネス王女》《アマゾネスの叫声》更に《アマゾネスの戦士長》と3種類あるのでアクセス体制はバッチリですね。

効果は発動時の処理として墓地の「アマゾネス」モンスター、EXデッキから表側表示「アマゾネス」PモンスターをサルベージするかPゾーンに置くか。

ペンデュラムシステムを取り込んだ「アマゾネス」をサポートしてくれる効果になっています。

アマゾネスPモンスターはまだ《アマゾネスの金鞭使い》《アマゾネスの銀剣使い》の2種なのでこのサポートは嬉しい所と言えるでしょう。

(2)の効果は相手フィールドにモンスターが特殊召喚されるとその相手モンスターの攻撃力分ライフゲイン。

《アマゾネスの秘湯》

《アマゾネスの秘湯》
永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「アマゾネス」モンスター1体を手札に加えるか、「アマゾネス」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く事ができる。
(2):自分フィールドに「アマゾネス」モンスターカードが存在し、自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
受けたダメージの数値分だけ自分のLPを回復する。

こちらも永続罠でサーチ手段としては上述の《アマゾネスの拝謁の間》と同じく。

こちらは発動時の処理として「アマゾネス」モンスターのサーチor「アマゾネス」PモンスターをPゾーンに設置。

サーチ効果を持つモンスター《アマゾネスの王女》と相互サーチとなりかなりのサーチ能力を手に入れましたね。

ペンデュラムモンスターである《アマゾネスの金鞭使い》と《アマゾネスの銀剣使い》はP効果で攻撃力上昇と魔法・罠を破壊したり「アマゾネス」魔法・罠をサルベージできたりするので罠らしくコンバットトリックなどで奇襲性のある運用が可能。

(2)は戦闘ダメージを受けた際にその分ライフゲイン。

永続罠
(1):1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
手札から「アマゾネス」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。
(2):自分の「アマゾネス」モンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを除外する。
(3):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の「アマゾネス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

《アマゾネスの急襲》といったカードで強引に相手モンスターを除外させていく事ができますな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント