デュエルパス期限まで後9日・カード追加アプデとか来そう?|遊戯王マスターデュエル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サービス配信から順調な「遊戯王マスターデュエル」

最初のデュエルパス期限もあと9日となりました、また基本パック的ポジションの「マスターパック」の期限も同じくですね。

この期限が来るとおそらく来るであろうと期待するのが「カード追加」などのアップデートですね。

配信から2ヶ月半ほどなのでアプデ間隔としても丁度良さそうな感じですしね。

スポンサーリンク

カード追加で現れるであろうデッキ

現在のカードプールは大体『ライトニング・オーバードライブ』辺りまで。

年代で言うと2021年4月+αといった所ですね、1回のアップデートでどこまでのパックが追加されるかは不明ですが、現プール直後付近のパックにて現れるテーマについて考えていきましょう。

『ドーン・オブ・マジェスティ』から【デスピア】が参戦

1つ先のレギュラーパックである『ドーン・オブ・マジェスティ』から注目なのが【デスピア】ですね。

ただ2021年12月発売のストラクである『アルバ・ストライク』まで収録されないならば《烙印融合》などが無いので現在のOCGの様に暴れる事は無さそうな所でもあります。

また一部に根強いファンが居る「寿司デッキ」こと【軍貫】も収録されているパックですね。

『バースト・オブ・デスティニー』から【相剣】が登場

2つ先のレギュラーパックである『バースト・オブ・ディステニー』から注目なのは環境入りもしている【相剣】と【ふわんだりぃず】ですね。

【相剣】はシンプルな動きで1枚からトークンを交えてシンクロモンスターを展開できるのが魅力。

サーチ・蘇生・リクルーターを備えていて安定性能も高いです。

恐らく《フルール・ド・バロネス》も追加されるかもなのでそちらも「マスターデュエル」でもよく見かける事になりそう。

またシングル戦なので強烈なメタ札である《トークンコレクター》が少なそうなのも追い風に見えます。

そして【ふわんだりぃず】封殺系のメタ要素を多く含む鳥獣族デッキ。

こちらもシングル戦の「マスターデュエル」でも猛威を振るいそうですな。

また大流行した《D-HERO デストロイフェニックスガイ》も収録されているパックです。

『グランド・クリエイターズ』実装ならば【勇者】セットが来る

デッキビルドパックからだと2021年8月に発売の『グランド・クリエイターズ』が実装されるやも?

そうなるとやはり気になるのはOCGでも出張セットとして大暴れして厳しめの規制を受けた【勇者】セットですね。

無規制での実装となるとOCGと同じ轍を踏む事になりそうですが…

独自リミットレギュレーションも改定される?

デストロイフェニックスガイ

カード追加のアプデが来るとするなら「マスターデュエル」独自のリミットレギュレーションも改訂がりそうですね。

現在だと【ドライトロン】【トライブリゲード】【エルドリッチ】がランクマッチで強いですね。

またOCGで禁止済みの「V.F.D.」もどうなるかといった所ですね。

環境もかなり煮詰まっているのでレギュレーション改訂も遠くはなさそうです。

そしてカードが追加される場合なら《D-HERO デストロイフェニックスガイ》と【勇者】と大いに暴れた出張システムをどうするかですね。

無難なのは最初から規制しておく事でしょうかねぇ、これらを無制限でぶち込むのは流石に危険そうな予感がします。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

僕はカード追加が来るなら【相剣】を真っ先に組もうと思っています。期間限定のジェムパックそろそろ買わないと(汗)

コメント