マスターデュエル「リミットレギュレーション」改訂「弁天」「コンキスタドール」が制限・独自な改訂

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『遊戯王マスターデュエル』での初のリミットレギュレーション改訂が告知されました。

OCGとはまた違った独自要素の強い改訂ですねぇ、カードプールも違うし開発チームも違うだろうなのでそりゃそうかって話ではあるのですけれどね。

さてこの改訂でマスターデュエルがどう動くかですな。

スポンサーリンク

適用は2022/5/9から

「弁天」「コンキスタドール」が制限に

禁止カードは無しですね。制限~解除までの間になっています。

まずは制限ですが《サイバー・エンジェル-弁天-》と《黄金郷のコンキスタドール》が制限に。

これはOCGではどちらも規制されていないので独自性の強さを伺う事ができます。

「弁天」制限は環境トップクラスのデッキである天使軸【ドライトロン】での天使サーチ役として使われていますが制限化によって安定性が落ちますね。

【機械天使】を組んでいる方にはとばっちりとの形でもあります。「宣告者」禁止では駄目だったのでしょうか。

「コンキスタドール」制限はサービスイン当初から一大勢力である【エルドリッチ】での除去枠、デッキからセットできるので安定して除去を構える事ができていましたが今回の制限化によって除去が減り息切れも早くなりそうですね。

準制限・様々なカードが規制

準制限は非常に多く拾いきれないですな。

《鉄獣戦線 フラクトール》がOCGと同じく準制限に、これは【トライブリゲード】が安定して使われいましたし妥当ですね。

《幻影騎士団ティアースケイル》も準制限、こちらはOCGでは制限と重めの規制が入っています。【幻影騎士団】も強烈なデッキですからねぇ。

なにかとお騒がせだった《D.D.ダイナマイト》も規制となりました。

そして《プランキッズ・ロック》が規制、手札交換効果を持つロックが規制…OCGではキーとなる《プランキッズ・ミュー》が制限で環境から姿を消しましたが、ロックの規制はOCG目線だとちょっと「?」な感じですが岩石族なので【アダマシア】に出張したりしていたのでこっちでの規制でしょうね。

《フュージョン・デステニー》が準制限、現状ではこれも「?」ですがカード追加も考慮してとの事なら「デストロイフェニックスガイ」の登場を危惧しての事でしょうか。

それでも「アナコンダ」を使えて準制限は意味があるのか「デスフェニ」到来後もこのままだと危うい気がします。

【アダマシア】からも規制が入り《魔救の分析者》が準制限に、展開札が1枚減ったくらいな感じですかね「分析者」は後攻で輝く展開札ですが、この規制もOCGの改訂に慣れた身だと少し違和感的なものを感じます。

規制解除

規制が解除されたのは《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》となります、エラッタされてOCGでも緩和されましたし許された感がありますね。

「V.F.D.」や「ロンゴミアント」はセーフでよかったのか

リミットレギュレーション適用内容にある文の「対策困難」「駆け引きを損なわれる」とありますが、そこで「V.F.D.」や「ロンゴミアント」はセーフでよかったのかな?とは思いますね。

特に「V.F.D.」はOCGでも海外TCGでも禁止されていますからね、禁止読みで使わなかった人も居るでしょうし…

補填は分解ボーナスにて

規制による補填は分解時のCPにボーナスが付く事に今回の改訂でデッキにセットできる枚数が減った分ボーナスがつきます。

ただし3枚目以降や今回の規制範囲外は対象にならないので注意、また期間は1ヶ月の間となっております。

コメント