《世海龍ジーランティス》素材1体からのリンク4モンスター・革新となるか

スポンサーリンク
世海龍ジーランティス

『ダークウィング・ブラスト』に収録される《世海龍ジーランティス》今回のホログラフィックレア枠でもあり、目玉モンスターの1つでもありそうです。

スポンサーリンク

リンク4でありながら素材は1体から可能

世海龍ジーランティス
《世海龍ジーランティス》

リンク・効果モンスター
リンク4/水属性/海竜族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「世海龍ジーランティス」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドのモンスターを全て除外する。
その後、この効果で除外したモンスターを可能な限り元々の持ち主のフィールドに表側表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
フィールドの相互リンク状態のモンスターの数まで、フィールドのカードを選んで破壊する。

素材が1体でリンク召喚が可能なリンク4、つまりはリンク4モンスター1体素材にをこのカードに変換する様な形でリンク召喚する事が可能。

これは結構中々な素材指定となっていますね。

リンク4の《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》を素材にすれば墓地へ送られた効果でのサーチが可能と話題ですね。

フィールドのモンスターを全て除外した後に特殊召喚

除外してからの帰還。

「戻す」のではなく「特殊召喚」なのがポイント。

蘇生制限を満たしていないモンスターは戻ってくる事ができず、持ち主に戻るので相手フィールドに出した「壊獣」などは自分フィールドに特殊召喚されます。

特殊召喚するので各特殊召喚時の効果を発動する事ができる

除外したモンスターは特殊召喚で戻ってくるので特殊召喚時に効果のあるモンスターの効果を使う事が可能。

各アドバンテージを稼ぐ効果を再利用していく事もできますね。

好きなカード位置で特殊召喚・裏側表示も可能

特殊召喚は自分の好きな位置で置く事が可能で裏側守備表示で置く事もできます。

これにより相手の厄介なカードは裏側で戻し、無力化させる事ができます。

自分のリバースモンスターを活用できる面もありますな。

また、エクシーズモンスターは素材が全て取り除かれるのでエクシーズキラーでもあります。

(3)の除去効果を活かす為に相互リンクさせる事も重要、除外からの帰還なのでこのカードをエクストラモンスターゾーンには置けません。

除去はバトルフェイズ限定とはいえ対象を取らないので強力、耐性持ちも裏側で戻して破壊する事ができます。

また「フィールドのカード」なので魔法・罠を割っていく事も可能。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

総じて可能性がかなり高いカードですね。リンク4は様々なデッキで使うので決闘者なら1枚持っておきたいカードですねぇ。

コメント

  1. 匿名 より:

    間違っていたらすみませんが、素材指定が効果モンスター1体以上なだけで、4体もしくはリンク数分の素材数が必要だと思います。