大会結果・優勝は【青眼】カリッカリの専用機チューン・ランキングデュエル|遊戯王OCG

スポンサーリンク

今回の大会結果ピックアップ、ランキングデュエル優勝の【青眼】となります。

かなりカリッカリにチューンされており回すのも結構熟練しないといけなさそうないわゆる「専用機」構築に見えますね。

スポンサーリンク

《ネメシス・コリドー》からの「超雷龍」ギミック

優勝おめでとうございます!!

《青眼の白龍》が2枚、《青眼の亜白龍》が1枚と10期の頃の【ドラゴンリンク】の時期によく見かけた構成に似ていますね。

目を引くのは《ネメシス・コリドー》からの《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を展開するシステム。

除外から墓地へ戻せないと「コリドー」効果を使えないので《太古の白石》や「レフティ」「ライティ」ドライバー、《ジェット・シンクロン》などが条件を満たしやすそうです。

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 300
このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「レフティ・ドライバー」1体を選んで特殊召喚する。

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 300/守 100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルはターン終了時まで3になる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ライティ・ドライバー」1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

魔法ではメインから《冥王結界波》が2枚採用されています、シングル戦かと思いきやサイドデッキもあるのでマッチだったかと。

手札誘発からは流行りの《幽鬼うさぎ》は無しで《屋敷わらし》《D.D.クロウ》と墓地対策カードが採用されています。この辺りの選択はメタ読みでしょうか。

EXデッキも強力な所を多く採用できる

《エフェクト・ヴェーラー》採用により《神聖魔皇后セレーネ》からの《アクセスコード・トーカー》ギミックをEXデッキに採用されています、これはヴェーラーの特権ですね。

EXデッキからはレベル11シンクロ《サイコ・エンド・パニッシャー》が採用されています。

シンクロ・効果モンスター
星11/光属性/サイキック族/攻3500/守3500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):自分のLPが相手のLP以下の場合、S召喚したこのカードは相手が発動した効果を受けない。
(2):1ターンに1度、1000LPを払い、自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(3):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。
このカードの攻撃力は、お互いのLPの差の数値分アップする。

「レフティ・ライティ」ドライバーと「青眼」を合わせたり《灰流うらら》などを使えば組む事ができます。

ライフを詰められているととても強力になるカードですね。

他にも《フルール・ド・バロネス》や「ドラッグビオン」「ヌメロン・ドラゴン」と強力なラインナップですな。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

かなり使い込んで考えてこの構築になったのかなぁ、と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大会結果
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    レフティも青目も非チューナーなんでうららとかでシンクロでしょうかね。

  2. 匿名 より:

    青眼デッキとかいいつつ青眼ベースでない
    これ系の詐称デッキばっかし