手札誘発事情《幽鬼うさぎ》が注目を浴びる|遊戯王OCG

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手札誘発、それは現代遊戯王において欠かせない存在となっています。

環境によって選択が変わり時代を反映するカードでもありますね。

今期においては《幽鬼うさぎ》に注目が集まっています。

スポンサーリンク

破壊する事が有用な盤面に触りたい時代

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのそのカードを破壊する。

《幽鬼うさぎ》

フィールドで発動した効果に反応して破壊を行う手札誘発カード。

モンスター以外にも魔法・罠カードも破壊する事ができ範囲が広いのが良い所ですね。

今回の《幽鬼うさぎ》に注目が集まったのは環境に現れた【スプライト】の影響ですね。

また《幽鬼うさぎ》も汎用性の高い手札誘発カードなので【スプライト】以外のデッキでもしっかり仕事をしてくれるのが魅力。

《ギガンティック・スプライト》に投げたい

《ギガンティック・スプライト》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/雷族/攻1600/守1600
レベル2モンスター×2
このカードは自分フィールドのリンク2モンスターをレベル2モンスターとしてX召喚の素材にできる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合・S・X・リンクモンスターのいずれかをX素材としているこのカードの元々の攻撃力は倍になる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのX素材を1つ取り除き、デッキからレベル2モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時までお互いにレベル2・ランク2・リンク2のモンスターしか特殊召喚できない。

分かりやすい例では《ギガンティック・スプライト》に対して効果的であろうという話です。

素材とするモンスターによって攻撃力が上がりますが永続なのでこちらは《幽鬼うさぎ》を当てるのには非対応。

《幽鬼うさぎ》を当てに行くのは厄介な(2)の効果ですね、処理が入るとお互いに「2」に関連したモンスターしか展開できなくなり《原始生命態ニビル》をナチュラルにケアする事ができます。

エクシーズとしては変わったタイミングがあり、まず発動があってその後に効果処理でエクシーズ素材を取り除いて効果を適用します。

なので発動したタイミングで《幽鬼うさぎ》を当てて破壊すれば効果処理が行えず効果が不発になるのが狙いですな。

基本的に無効にするだけより除去した方が有効に働く訳ですねぇ。

ただし《スプライト・レッド》などのモンスター効果ケア要員がいたり警戒して《転生炎獣アルミラージ》立てたりとそこら辺の駆け引きが重要そうです、めっちゃ【スプライト】側に押し付けられている感がありますが(汗)

《墓守の罠》にも

永続罠
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する限り、相手は墓地のカードの効果を発動できず、墓地のモンスターを特殊召喚できない。
(2):お互いのメインフェイズに、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「墓守」モンスターまたは天使族・地属性モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードが表側表示で存在する場合、相手ドローフェイズのドローの前に、カード名を1つ宣言して発動する。
通常のドローをしたカードを確認し、宣言したカードの場合、墓地へ送る。

じわじわと流行している【イシズティアラメンツ】デッキ、かなり厄介な永続罠となるのが《墓守の罠》です。

(1)の効果は永続効果なので《幽鬼うさぎ》は非対応ですが(2)と(3)の効果は起動効果なので《幽鬼うさぎ》で破壊するチャンスが発生します。

ハリファイバー」でデッキから特殊召喚できる

《水晶機巧-ハリファイバー》

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナーを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

《幽鬼うさぎ》はレベル3チューナーなので「ハリファイバー」からリクルートする事ができ、効果も手札誘発としては珍しくフィールドからリリースでも発動が可能。

「ハリファイバー」でリクルートするとそのターンは効果発動をできませんが相手にターンを渡すと発動可能となり牽制していく事ができます。

この辺り「ハリファイバー」の器用さが本当に光りますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント