新規カード《ラヴェナス・ヴェンデット》など展開効果を持つ儀式魔法・パワー・オブ・ジ・エレメンツ|遊戯王OCG

スポンサーリンク
スポンサーリンク

続く『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』に収録される既存テーマ新規ラッシュ。

今回は【ヴェンデット】から3枚の新規カードが公表されました。

新規儀式魔法である《ラヴェナス・ヴェンデット》はリリース要員を手札・墓地・デッキから供給して儀式召喚を行う驚異の効果となっております。

スポンサーリンク

《ヴェンデット・スカヴェンジャー》

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守 0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):お互いのメインフェイズに、自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「リヴェンデット・スレイヤー」が存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

【ヴェンデット】から新たな儀式モンスターレベル8と高レベルな儀式モンスターとなっています。

お互いのメインフェイズにアンデット族をリリースしてその攻撃力分パンプアップ。

墓地へ送られると儀式魔法サーチと「ヴェンデット」をデッキから墓地へ送る効果のある儀式モンスター《リヴェンデット・スレイヤー》と組み合わせるとアドバンテージ確保となります。

「ヴェンデット」儀式モンスターは墓地からも儀式召喚で出てこれるのである程度気軽にできそうですね。

《リヴェンデット・スレイヤー》が存在すれば自己蘇生効果を持っています。

《リヴェンデット・エグゼクター》と《アドヴェンデット・セイヴァー》もフィールドでは《リヴェンデット・スレイヤー》として扱うので条件を満たすのはそれほど難しくなさそうです。

フィールドから離れると除外されるのでご利用は計画的にって感じですかねぇ。

《スカー・ヴェンデット》

効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ヴェンデット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、フィールドのモンスターがリリースされた場合、自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、自分は「ヴェンデット」モンスターしか特殊召喚できない。

墓地へ送られると「ヴェンデット」魔法・罠をサーチ。

アンデットが得意とする墓地肥やし手段を活用すれば墓地へ送る事は簡単そうですね。

【ヴェンデット】は墓地除外によって儀式が可能なカードもあるのでそのまま墓地からも可能な《リヴェンデット・ボーン》をサーチして儀式召喚をする事ができます。

また自己蘇生効果も持っておりリリースに反応してアンデット1枚を墓地から除外して特殊召喚。

「ヴェンデット」のみの特殊召喚縛りが発生します。

自己蘇生があるので《リヴェンデット・ボーン》で安易に除外したくなさがありますね。

フィールドから離れても除外されないので恒久的なリソースとして使っていく事が可能となっています。

《ラヴェナス・ヴェンデット》

儀式魔法
「ヴェンデット」儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキ・墓地から「ヴェンデット・スカヴェンジャー」以外の「ヴェンデット」モンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。
その後、以下の効果を適用する。
●レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、この効果で特殊召喚したモンスターを含む自分フィールドのモンスターをリリースし、自分の手札・墓地から「ヴェンデット」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

【ヴェンデット】に新たな儀式魔法、手札・墓地の他リクルートを行った後にそのモンスターを含んでリリースし儀式召喚を行います。

儀式召喚のリリース要員を確保しながら儀式召喚できるのは便利ですね。

レベル6である《スカー・ヴェンデット》を展開すればレベル的にかなり余裕ができますな。

「スカー」をリリースすれば「ヴェンデット」魔法・罠サーチに繋がり儀式召喚の損失をかなり抑える事ができます。

こちらの儀式魔法も【ヴェンデット】らしく墓地の儀式モンスターを儀式召喚する事が可能。

また《ヴェンデット・スカベンジャー》の名前が記されているので《儀式の下準備》に対応しています。これは《リヴェンデット・ボーン》と同じ手法ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント