遊戯王大会結果・優勝は【エクソシスター】オーバーレイネットワークが良い味出してる

スポンサーリンク

リミットレギュレーションも目前ですねぇ、今回は優勝デッキから【エクソシスター】を紹介。

《オーバーレイ・ネットワーク》が面白そうですね。

スポンサーリンク

環境を意識した構築

《オーバーレイ・ネットワーク》

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じレベルを持つモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターがX素材としているカード1枚を持ち主の手札に加える。

2枚採用されているエクシーズテーマとバツグンの相性を誇る1枚。

同レベルモンスターを蘇生は純粋にアドバンテージとなってくれますね。

またX素材から手札に回収は後続の確保に役立ちます、X素材を使い切る事も多くありませんしねぇ。

《魔術師の右手》

永続魔法
(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した魔法カードの効果を無効にし破壊する。

プチ《魔法族の里》みたいな感じのカード、相手のフィールドに影響されず自分が魔法使い族を用意できていない場合のデメリットも無いので使いやすくなっています。

《魔術師の再演》などでサーチもできますが、「右手」のみでの運用も十分に可能ですね。

採用されている罠

《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》や《次元障壁》が搭載されています。

シングル制なので現在最多勢力となっている【ティアラメンツ】を大きく睨んだ構成かと思われます。

コメント