遊戯王買取相場「ドラゴスタペリア」や「ラー球体」などが高騰中・再録無ければヤバかった

スポンサーリンク

買取相場の記事となります。

環境も落ち着きだしたと言えば落ち着きだしたのでサイドデッキや展開に使うカードも大体見えてきましたね。

《捕食植物ドラゴスタペリア》がノーマルでの再録があったのにも関わらず大きく高騰、この再録が無かったらと思うとゾッとしますね。

スポンサーリンク

《捕食植物ドラゴスタペリア》がノーマルでも高価に

今季の既存カード高騰はランク2など【スプライト】関連で大きく動きましたが【ティアラメンツ】の登場により《捕食植物ドラゴスタペリア》が大きく高騰しています。

【烙印デスピア】でも使用されているので値上がり気味でしたが、【ティアラメンツ】では2枚搭載されていたりするので需要が加速しています。

闇属性絡みの融合モンスターとしてはかなりの汎用性を誇っているので召喚縛りが発生しないデッキならば採用が目立つカードですね。

DPで再録されたノーマルで800円買取、VJ付録のウルトラは1800円買取となっています、再録が無かったら大変な事になっていたでしょうねぇ。

《円融魔術》も4000円買取といい値段しています、魔法使い族融合としては汎用性があるので付属しているヴァリュアブルブックを増刷するか再録してほしいっす…

《ラーの翼神竜-球体形》環境によってよく高騰するカード

《ラーの翼神竜-球体形》が1100円買取となっています。

初版と2回の再録で3回供給されているカードですね、展開環境になれば流行する傾向にありましたが《原始生命態ニビル》の登場で大人しい時期も多かったですね。

しかし「ニビルケア」という事ができるデッキとプレイングにより再び「ラー球体」が注目され、サイドデッキに採用されているのを見かけます。

また【ティアラメンツ】効果により《融合派兵》が強化買取されています、このカードが初動になってくれますからねぇ。

《餅カエル》のスーパーレアは相変わらずとんでもないお値段、スーパーレアはプロモパック限定だったので供給は少なめかと、しかし次回リミットレギュレーションが怖い感じはありますね…

《魔のデッキ破壊ウイルス》レリーフがお高い

【スプライト】と【エクソシスター】といった環境デッキに刺さる事で話題の《魔のデッキ破壊ウイルス》のレリーフがお高いですね。

そもそも昔のレリーフなのでコレクター需要面での強さもありそうですね。

《無限泡影》は採用率No1な罠カードだけあって再録を重ねても高いままですな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
相場情報
遊戯王JOY

コメント