遊戯王OCG新カード《地霊媒師アウス》「霊媒師」シリーズ2枚目他属性にも期待

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カードパワーが高めで人気パックになりそうな『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』ですが、ここに来て更に人気が出そうなカードが公表されました。

それも「霊使い」シリーズから《地霊媒師アウス》が登場となります。

「霊媒師」は既に《風霊媒師ウィン》がVジャンプ付録で存在しますが地属性である「アウス」がウルトラレアにて収録される事となりました。

今後他属性も出てきそうですね。

スポンサーリンク

《地霊媒師アウス》

効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻1850/守1500
このカード名はルール上「霊使い」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
元々の種族が捨てたモンスターのいずれかと同じで、攻撃力が1850以下の地属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):自分の地属性モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

【春化精】や『輝石のデュエリスト編』を意識しての地属性

「霊媒師」でも地属性の「アウス」が収録となるのは同時収録で地属性・天使族で統一されている【春化精】や発売が近く属性が合う『デュエリストパック輝石のデュエリスト編』があるからでしょうかね。

効果の方は既存の《風霊媒師ウィン》とよく似ています。

サーチが「ウィン」が守備1500以下に対して「アウス」は攻撃力1850を参照します。

手札から自身も捨てるので地属性・魔法使い族・攻撃力1850以下をサーチが確定します。

対応としては《マスマティシャン》があり墓地肥やし能力が高まりますね。

地属性モンスターのみの効果発動縛りが発生、まぁこのカードを使うならば属性を固めたデッキになるかと思われます、汎用EXデッキモンスターの使用などには注意しましょう。

地属性だと機械族の【列車】や【無限起動】などでのパーツ探しに使えそうですな。

また昆虫族をコストにすれば《増殖するG》をサーチが可能、テーマとしては【蟲惑魔】などで満たしやすいですね。

(2)は地属性モンスターの戦闘破壊をトリガーに手札から展開、サーチ効果で使用してしまう事がほとんどになりそうなのであまり使わなさそうですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

プリシクのトップレアは確定したも同然…?リンク霊使いを見ていると今後も他属性が登場となると大変な事になりそうです。しかしそうなると既存である「ウィン」のプリシクをどこかで出してほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント