遊戯王OCG新カード情報《古尖兵ケルベク》|輝石のデュエリスト編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『デュエリストパック 輝石のデュエリスト編』に収録される新規カードが公表されました。

イシズのデッキをモチーフとし古のカード《ケルベク》のリメイクカードとなっています。

スポンサーリンク

《古尖兵ケルベク》

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1500/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、自分の墓地から罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。

バウンス効果はリメイク後も健在

相手の手札・デッキからカードが墓地へ送られると自己特殊召喚&相手の特殊召喚されたモンスターをバウンス。

トリガーさえ引かれれば手札誘発での展開とバウンスを行うカードとも言えますね。

《烙印融合》などデッキ融合に対して強烈なカウンターとする事ができますな、それ以外にも手札融合や儀式にも結構刺さりますね、この効果だけでも汎用として確保しておきたいカード感があります。

バウンス効果はリメイク前の《ケルベク》を意識しているのでしょうかね、ステータスは全く同じものとなっています。

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1500/守1800
このカードを攻撃したモンスターは持ち主の手札に戻る。
ダメージ計算は適用する。

(2)の効果は手札・デッキから墓地へ送られるとお互いに5枚デッキトップを墓地へ、《現世と冥界の逆転》が墓地に存在すると罠カードを墓地からセットする事ができます。

手札誘発感覚でバウンスと展開ができ、墓地も肥やせる…強そう。スーパーレアな予感がする性能ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント