遊戯王OCG新規《六花のしらひめ》《六花来々》|パワー・オブ・ジ・エレメンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』での既存テーマ新規は【六花】となります。

しかも2枚貰える!

スポンサーリンク

《六花のしらひめ》

効果モンスター
星4/水属性/植物族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドに「六花」モンスターが存在し、相手がモンスターの効果を発動した時、手札・墓地のこのカードをデッキに戻し、自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
その発動した効果を無効にする。

(1)は特殊召喚効果ですがなんと条件など無しでの特殊召喚、存在すると植物族縛りが発生しますので出張などは難しそうですが【六花】ならばさほど気にならないでしょう。

(2)は「六花」モンスターをコントロールしていて相手モンスター効果が発動すれば手札・墓地から自身をデッキバウンスし自分の植物族モンスターをリリースする事で効果を無効化。

手札からだと結構なアド損となるので「しらひめ」を展開して素材にして墓地からデッキに戻しての運用が基本となりそうです。

ただ緊急時としては手札からも視野ですね、奇襲性も高いのでクリティカルヒットする場面がありそうです。

ともあれ無条件特殊召喚はたまげたなぁ。

《六花来々》

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「六花」モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから「六花」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分が「六花」カードの効果を発動するために自分フィールドの植物族モンスターをリリースする場合、自分フィールドの植物族モンスター1体の代わりに相手フィールドの表側表示モンスター1体をリリースできる。

【六花】にもフィールド魔法が来々。

このカード自体はテーマ内なら《六花精ボタン》にてサーチが可能、汎用定番からは《テラ・フォーミング》の出番ですね。

「六花」モンスターが存在すれば「六花」魔法・罠をデッキからセット、特殊召喚に植物族縛りが発生します。

デッキからセットなので《灰流うらら》に引っかかりません。

また「六花」の効果発動のコストとして植物族をリリースする際に代わりに相手モンスターをリリースが可能になる効果。

《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》を彷彿とさせますねぇ。

上述の同時収録新規の《六花のしらひめ》だと相手モンスターをリリースしてモンスター効果無効とエグい事に。

【六花】はコストでリリースが多いのでこのカードの登場による相手リリースは非常に頼りになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント