22.7改訂後の【閃刀姫】事情【セリオンズ】の力を借りたりリンク霊使いからセレーネを狙ったり

スポンサーリンク

22.7リミットレギュレーションによって「ハリファイバー」が禁止になりダメージを受けたデッキとして挙げられる【閃刀姫】

フィニッシュに「ハリファイバー」「セレーネ」「アクセスコード」の流れを使っており打点力も低いデッキなのでかなり重要な部分でした。

これを失った後の【閃刀姫】について考えてきましょう。

スポンサーリンク

無効効果とメインモンスターゾーンから離れれる【セリオンズ】

《セリオンズ“キング”レギュラス》

効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2800/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の、「セリオンズ」モンスターまたは機械族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):相手がカードの効果を発動した時、自分の手札・フィールドから「セリオンズ」モンスターカード1枚を墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。
(3):このカードを装備した「セリオンズ」モンスターは、攻撃力が700アップし、このカード名の(2)の効果を得る。

【閃刀姫】に出張する「セリオンズ」はやはり「キングレギュラス」ですね。

「閃刀姫」のリンクモンスターは皆機械族なので装備先には困らないです。

カードの効果を無効と広い制圧効果を持ち、コストで墓地へ送れるので【閃刀姫】に重要な「メインモンスターゾーンにモンスターが存在しない」状態も作りやすくなっています。

2枚目からの「キングレギュラス」だと同名カードを装備する事で攻撃力を700上げて3500打点として運用ができます、また効果発動コストも装備カードの「キングレギュラス」で賄う事ができ状況判断次第で上手く相手ターンをいなしましょう。

メインモンスターゾーンの維持を考えるかどうかは手札・盤面など戦況に大きく左右され、高い状況判断力を求められる【閃刀姫】が更に難易度アップしている感じもしますね。

《円盤闘技場セリオンズ・リング》

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「セリオンズ」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分のモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりにデッキから「セリオンズ」カードまたは「無尽機関アルギロ・システム」1枚を墓地へ送る事ができる。
(3):1ターンに1度、自分または相手のモンスターが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「セリオンズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

「キングレギュラス」にアクセスできるフィールド魔法。

戦闘破壊から守る効果もありますが出張だと回数を撃てないので見極めが大事。

(3)のサルベージはお互いの戦闘破壊に反応するのでしっかりと「キングレギュラス」をリロードしたいですね。

リンク「霊使い」から「セレーネ」へ繋ぐ新たな展開方法

《灼熱の火霊使いヒータ》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/右下】
炎属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の炎属性モンスター1体を手札に加える。

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/下/右下】
魔法使い族モンスターを含むモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
(2):フィールドに「エンディミオン」カードが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

単独でリンク2からリンク3へジャンプアップする魔法使い族で可能性を秘めているのが各リンク「霊使い」です。

相手の各対応属性のモンスターを蘇生できるのでそれができれば「セレーネ」に繋がる…!というシステム。

当然相手の墓地に依存するので確定というのは中々にありませんが炎属性の「ヒータ」ならば《灰流うらら》地属性の「アウス」ならば《増殖するG》と現在の遊戯王でとても採用率の高いカードをターゲットにする事ができるので有用そうです。

これらは《墓穴の指名者》があれば除外しがちではありますが【閃刀姫】で「セレーネ」を呼び出すのは基本後半、フィニッシュに向けての時なのでこれら3枚採用が多いカードは狙うのに候補となりますな。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

「セリオンズ」ギミックと「霊使いセレーネ」ギミック。【閃刀姫】も新たなレギュレーションでのリスタートが始まりました。

コメント