他カテゴリの儀式モンスターにも目を光らせる【ドライトロン】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

比較的テーマ性が低い儀式モンスターが登場すると【ドライトロン】での運用が考えられる、そういう時代になりつつある…?

《アラドヴァルの影霊衣》は流石に「ネクロス」要素が強すぎましたが「ネクロス」濃いめの構築もあるようですねぇ。

スポンサーリンク

《凶導の白騎士(ドラグマアルバス・ナイト)》が出張しそう?

《凶導の白騎士》

儀式・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻 500/守2500
「凶導の福音」により降臨。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した場合に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送り、相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで墓地へ送る。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターの攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。

低攻撃力なので【ドライトロン】で儀式召喚しやすく《天底の使徒》で「ドラグマ」モンスターをサーチorサルベージをこなしながら《虹光の宣告者》を墓地へ送り込めば儀式関連カードサーチと安定性が上がり、隙も減る相性の良さ…そりゃ注目もされますね(*’ω’*)

流行の兆し「天使型」

《崇光なる宣告者(アルティメット・デクレアラー)》

儀式・効果モンスター
星12/光属性/天使族/攻2000/守3000
「宣告者の神託」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):手札から天使族モンスター1体を墓地へ送って以下の効果を発動できる。
●相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

「パーデク」よりレベルが2倍で扱いにくい印象でしたが、こちらも打点が低めなおかげで《流星輝巧群》による攻撃力儀式が容易に。

通るとターン1が無い万能カウンターと特殊召喚無効を構えられる形となり非常に厄介かと。

コストが天使族なので【サイバー・エンジェル】を出張させたり、これまた話題の《イーバ》や《宣告者の神巫》といったシナジーがある天使族を採用しやすくなっていますね。

この天使族シナジーは本当によく作られているギミックでとても感銘を受けますねぇ(*’ω’*)

コメント