スポンサーリンク

ちょこっと良いカード《アークネメシス・エスカトス》

大流行している訳ではないけれど、デッキによってはいい仕事をしてくれる。

そんないぶし銀なちょこっといいカードを紹介します。

今回はエターニティ・コードに収録された《アークネメシス・エスカトス》です。上手に使えるデッキならば良い働きをするカードですよ!

【ネメシス】テーマのエースモンスターですが中々に使えそうですな。

汎用性は少し落ちますが、使えるデッキが少ない訳ではないかと思います。

スポンサーリンク

種族・属性メタになり得る上に高打点のドラゴン族

《アークネメシス・エスカトス》

特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードは効果では破壊されない。
②:フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。
フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。次のターンの終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。

特殊召喚条件が中々にクセが強いですが効果破壊耐性持ちの3000打点に加えて《同族感染ウィルス》効果+次のターンの終了時までその種族の特殊召喚を封じる効果。

特殊召喚封じが相手ターン終了時までと長く効くのが特徴的ですねぇ。

種族・属性を統一しているデッキにはぶっ刺さる効果ですな。自身の属性である光を宣言しても効果破壊耐性により自身は生き残る事ができます。

またステータス的に《ドラゴン・目覚めの旋律》によるサーチ範囲に入っております。

特殊召喚条件を満たすには

特殊召喚するには3種類の種族を自分フィールド・墓地から除外しなければいけません。どことなく「レヴィオニア」っぽいですがアチラはカオス構築向けなカードですね。

種族統一しているデッキでは中々特殊召喚は難しいですねぇ…(;・∀・)

多種族混成デッキでは簡単に達成が可能です、またEXデッキの種族がバラけているデッキでも召喚の助けとなってくれるでしょう。

また使用した各種手札誘発モンスターがコストになってくれたりするでしょう。

最近の流行している所では【ドラグマ】ではメインこそ魔法使い族主体ですがEXデッキから墓地落としによって簡単に達成できますねぇ。

【召喚獣】関連でも融合体の種族がバラけていますね。汎用EXを使ったり出張する傾向にあるほど特殊召喚のハードルは下がっていきます。

《簡易融合》でお助け

《簡易融合》を用いればコスト捻出の助けとなりますね。デッキに入っていない種族を確保しやすくなります。

制限カードになってしまいましたが《時の魔導士》判明によりこれから使用率が上がる可能性を持っているアツいカードっすなぁ。

チューナーの《テセウスの魔棲物》やピン除去として使える《サウザンド・アイズ・サクリファイス》等がメジャーところですね。

さいごに一言

使えそうなデッキで枠が余ったらそっと挿しておくのも一興です(*´ω`*)

カード
スポンサーリンク
ボチボチつぶやいてます。よろしければフォローよろしくです!
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント