スポンサーリンク

いつの間にやら恐竜新種発見。中々便利そうな《珠玉獣-アルゴザウルス》

なにかと【恐竜】を出張させる事が多い私ですがその中でも光る原石がいつの間にか登場していました。

スポンサーリンク

《珠玉獣-アルゴザウルス》手札の恐竜破壊も「進化薬」サーチも

《珠玉獣-アルゴザウルス》

効果モンスター
星1/光属性/恐竜族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「珠玉獣-アルゴザウルス」以外の恐竜族モンスター1体を選んで破壊する。その後、元々のレベルがその破壊されたモンスターと同じとなる爬虫類族・海竜族・鳥獣族モンスター1体または「進化薬」魔法カード1枚をデッキから手札に加える。

「エターニティ・コード」で登場していた新種…気付かなかった(;^ω^)

制限解除された《ベビケラサウルス》を破壊するに持ってこいですねぇ、リクルートを行いつつモンスターをサーチor「進化薬」魔法カードをサーチ…アドアドしい。

モンスターサーチの方は「爬虫類・海竜・鳥獣」なのでもっぱら「進化薬」をサーチする事になりそうです。

《魂喰いオヴィラプター》緩和されるかなぁ、とか思ってますが遠そうです(^o^;)

レベル1なので《ワン・フォー・ワン》に対応。【サンダー・ドラゴン】等へ出張する場合は共有できますね。このカードを出張させる場合多少「恐竜」要素を多めに取る必要はありそうですが【サンダー・ドラゴン】の規制枠を埋めるにはいいのかもしれませんね。

また低ステータスですがレベル1特権《リンクリボー》にリンク召喚可能【召喚獣】で話題の《セキュア・ガードナー》に変換していくと《究極進化薬》のコストを調達できますねぇ。

《幻創のミセラサウルス》からも1枚の除外でリクルートできるのでデッキの安定性を上げるのに一役かってくれそうです。

最近よく見かけるアドを稼ぐレベル1モンスターはやはり強力…

除外を多用する【恐竜サンダー・ドラゴン】ではこれまた新戦力《ネメシス・コリドー》と合わせて除外を上手く利用する異次元殺法が捗りますねぇ!

コメント