【サンアバロン】と相性の良いカードをセレクト9枚!

なんやかんやでもうすぐ発売な『SELECTION10』パック。

個人的には【ホーリーナイツ】が気になる所ですが、今回はスペクターが操る【サンアバロン】デッキと相性の良いカードのご紹介。

植物族デッキと非常にサポートに恵まれている種族のデッキとなるので選択肢は多そうですな(ΦωΦ)

SELECTION10に合わせて10枚紹介したかったけど9枚と惜しいです(;^ω^)

スポンサーリンク

植物・バニラ・レベル1サポートが溢れんばかりにあるぞ!

【サンアバロン】のモンスター達のキーワード「レベル1」「バニラ」「植物」こりゃとんでもない量と質のサポートカードが採用できそうですねぇ( ・`д・´)

モンスター部門

《ローンファイア・ブロッサム》

植物族デッキではほぼ採用されているリクルーター、レベルを問わず効果も無効にしない破格のリクルート能力。

《イービル・ソーン》

リリースにより同名を2体までリクルート、リンク召喚テーマなので頭数を揃えるには丁度良いカード。
またこのカードもレベル1なので《ワンチャン!?》や《ワン・フォー・ワン》を共有する事ができますね。

《パラレルエクシード》

リンク召喚時に手札から特殊召喚&同名リクルート、リンクを多く使うデッキでは定番と化したカードですなぁ。ランク4にもなれるのでEXデッキの幅を広げたい場合にもGOOD!
《イービル・ソーン》とお好みか両方採用とかもアリかもしれませんね。

《バラガール》

最近登場した植物族チューナーモンスター、植物族が墓地へ送られるだけで特殊召喚と緩い条件かつ自己サルベージも可能と便利そうです。

《レスキューラビット》

バニラ同名を2体リクルートするバニラサポートの王様。
3枚採用するならもう2種類くらいバニラを採用した所、個人的にはレベル4チューナーの《エンジェル・トランペッター》が色々できそうで面白そう。

「魔法・罠」部門・《予想GUY》などが初動を支えてくれる

《ワン・フォー・ワン》

制限カードですがレベル1リクルートは入れない理由が無さそうですね。安心安全の実績があるカード。他に採用するカード次第でリクルート先が増えたりします。

《予想GUY》

自分モンスターゾーンがガラ空きな場合に発動できる下級バニラリクルート魔法。後述する《ワンチャン!?》と相性が良いです。召喚権をしようせずに初動とする事ができます。『SELECTION10』にて再録されます。

《ワンチャン!?》

フィールドにレベル1が存在するとレベル1サーチ魔法、サーチしたモンスターを召喚できないと2000バーンのデメリットが存在しますがリンクモンスター《聖天樹の精霊》でチャラにするどころか効果トリガーになります《予想GUY》や《ワン・フォー・ワン》で召喚権を温存しておくのも良しかと。

《貪欲な壺》

モンスターを大量に消費し、墓地に貯まるので輝きそうな1枚。デッキに戻す事でリクルートカードの再使用を狙うなど相性が良さそうです、現在の遊戯王はモンスター消費が加速しているのでデッキ次第でもうちょっと評価されてもいいかなぁって思っているカードです(*’ω’*)

コメント