【青眼】デッキ《深淵の青眼龍》登場により広がる構築幅

スポンサーリンク

9期に一時期環境デッキとして君臨していた【青眼】その時はやはりトップメタという事もあり当時のカードプールにおいてかなり最適解化が図られていました。

現在の【青眼】は程良い強さと広い構築幅があり、元々ファンの多いテーマもあって多様化が進んでおります。

その中でも採用数が増えてきている「青眼」モンスターについて書いていきますよー(*´ω`*)

以前紹介した個人的に大好きなギミックは《オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン》です。

スポンサーリンク

そのスペック強靭!《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》

《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守 0
「カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

「青眼」の中でもかなりのパワー

相手からの対象耐性・効果破壊耐性と「ドラグーン」耐性を持ち、貫通2倍ダメージ。打点も4000と気合十分。

メインデッキに入る「青眼」としては最強クラス。儀式故の扱いにくさがありましたが現在では後述する《深淵の青眼龍》によるサポートで大分負担も軽減され、3枚積みの特化構築から1枚採用の構築も見られるようになりました。

特化構築では「魔神儀」と「強制転移」を組みわあせたコンボも開発されましたね。守備力が0の「魔神儀」を送りつけて「カオスMAX」で殴りワンショットキルを決めるというプランです。

汎用儀式サポートの「魔神儀」と「カオスMAX」の化学反応ですなぁ。

《ドラゴン・目覚めの旋律》にも対応しているのでこのカードと儀式コストを持ってくるのが簡単なので後は《深淵の青眼龍》などで儀式魔法へアクセスしましょう。

また《太古の白石》でのサルベージに対応しております。

《高等儀式術》でデッキから《青眼の白龍》を落としても良いですね。《カオス・フォーム》だと墓地から除外にてリリースコストを捻出できます。

各種ブルーアイズを繋ぐ潤滑油《深淵の青眼龍》

《深淵の青眼龍》

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、自分フィールドまたは自分の墓地に「青眼の白龍」が存在する場合にしか発動できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから儀式魔法カードまたは「融合」1枚を手札に加える。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
デッキからレベル8以上のドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドの全てのレベル8以上のドラゴン族モンスターの攻撃力は1000アップする。

融合と儀式の接着剤

特殊召喚時に儀式魔法か「融合」をサーチできるカード。またエンドフェイズにレベル8以上のドラゴンをサーチ。墓地から除外するとパンプアップ。

結構な欲張り効果のブルーアイズ、儀式・融合サーチの強さわ言わずとがなですね、ドラゴン族サーチもエンドフェイズと遅めですが今まで対応できなかった《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》をサーチする事が可能となりました。

特殊召喚しにくいのでササッと墓地へ送って《復活の福音》などで蘇生するか《太古の白石》でリクルートしてあげたい所。

当初はそれほど高い評価ではありませんでしたが、今では1枚は投入しておかないと不安になるモンスターです(*´ω`*)

一番扱いやすい融合体《青眼の双爆裂龍》

《青眼の双爆裂龍》

融合・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分のモンスターゾーンの上記カードを墓地へ送った場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
(3):このカードの攻撃で相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。その相手モンスターを除外する。

融合カードを必要とせず、素材も2体なので使い勝手が良い融合モンスター。戦闘破壊耐性とモンスターへの2回攻撃、戦闘破壊できなかった相手はダメステ終了時に除外します。

除外効果は対象を取らないのが非常に優秀、また打点突破できる範囲ならば複数攻撃と隙が少ないですね。

ただし、素材的にランク8エクシーズとイコールなのでどれが一番良い選択かは考えたい所です。【青眼】はアドバンテージを稼ぐ事を意識するのが結構重要ですからね。

ボードアドバンテージならばこのカードはかなりの成果をもたらしてくれそうです。

スポンサーリンク

「青眼」以外でのギミック「レフティ・ライティ・ドライバー」

最近増えつつあるギミックが「レフティ・ドライバー」「ライティ・ドライバー」を採用したシンクロorリンクギミック。

個人的にレベル4シンクロに繋がるので「カオスMAX」採用ならば《虹光の宣告者》もアリかなぁと思っています。不得意な妨害モンスターとしても優秀ですしね。

リンクするならモチロン「ハリファイバー」各種「白石」をリクルートしてガシガシ動いていきたいですねぇ。

「ハリファイバー」から《フォーミュラ・シンクロン》や《シューティング・ライザー・ドラゴン》を特殊召喚し、相手ターンシンクロを狙うも良いかと。

シンクロの非チューナーが限られてきますが《青眼の精霊龍》から特殊召喚したモンスターを使うと無駄がありませんねぇ(*´ω`*)

ランク8のエクシーズモンスター

【青眼】でよくお世話になるランク8エクシーズモンスター。

各種「ギャラクシー」系モンスターが鉄板ですねぇ、最近では《宵星の機神ディンギルス》が対象を取らない墓地送りと対象範囲が広くて良い感じですねぇ。

先攻ならランク8は「タイタニック・ギャラクシー」を出しておきたいところですな、「ドラッグラビオン」はランク8増殖ドラゴンですが、先攻で出しちゃうにはEXデッキの消費が多めなのが辛い所です。

「ヌメロン・ドラゴン」での攻撃力9000パンチも捲くり手段として全然アリですね、やはり打点は正義。効果破壊されても全除去を発動できる二段構え。

ランク8を多用したい場合は《星雲龍ネビュラ》や《輝光竜セイファート》などを採用すると8軸に特化出来ますね。

少数精鋭リンクモンスター

枠的にあまり積めませんが便利なモンスターが沢山居るリンクモンスター帯

リンク4は青眼でも決して無理ではないですが消費はそれなりに大変なので切り札ですねぇ。《復活の福音》の破壊身代わりを活かすのならばやはり《ヴァレルソード・ドラゴン》でしょうか。

リンク2なら「ハリファイバー」「天球の聖刻印」ですかね「天球の聖刻印」採用の場合はリクルート対象として「レダメ」とかあるといいかもですね。

今の【青眼】に除外コスト的に「レダメ」をあまり見かけませんが、エラッタされても全然まだまだ強いので余裕で現役ですよー。

防御手段は《墓穴の指名者》が欲しい所

最後に防御カード。《トレード・イン》や《ドラゴン・目覚めの旋律》などに《灰流うらら》がぶっ刺さるので誘発ケアはしっかりとしたいですね…(^o^;)

やはり一般的な《墓穴の指名者》を搭載しておきたいですなぁ。ただ【青眼】は「うらら」の投げどころが大量に存在するので相手がどこに投げてくるかですね。

コメント