新カード《磁石の戦士ε》《X・Y・Zコンバイン》墓地肥やし兼蘇生効果が強烈

最近続く怒涛の『バトル・オブ・カオス』収録カード発表ラッシュ。

今回は【磁石の戦士】「XYZ」からの新規です、遊戯と海馬の強化枠ですかね。青眼かもと思っていましたがユニオン系の様ですねぇ。

スポンサーリンク

コストで墓地送りからの蘇生効果

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1300/守1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、デッキから「磁石の戦士ε」以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードはエンドフェイズまで、墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。
その後、同名カードが自分フィールドに存在しない、「マグネット・ウォリアー」モンスターまたは「磁石の戦士」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。

強い事を書いていますねぇ。

デッキから墓地送りはコスト、同名として扱いフィールドに同名が存在しない「マグネット・ウォリアー」を蘇生。

名称コピーの都合上墓地へ送ったカードは蘇生できません、出来たらどんだけマッチポンプなのかとってなりますが(汗)

蘇生制限を満たした《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》も蘇生できるので正規召喚後の押しがとても強くなりそうですね。

それをしなくても墓地肥やし兼蘇生は非常に強烈な新規でしょう。

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の機械族・光属性のユニオンモンスターカードが除外された場合に発動できる。
デッキから「X-ヘッド・キャノン」「Y-ドラゴン・ヘッド」「Z-メタル・キャタピラー」の内1体を特殊召喚する。
(2):自分フィールドの融合モンスター1体をEXデッキに戻して発動できる。
除外されている自分のモンスターの中から、「X-ヘッド・キャノン」「Y-ドラゴン・ヘッド」「Z-メタル・キャタピラー」を2体まで選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

「XYZ」系統のサポート、リクルート条件が除外なので《ユニオン・ドライバー》の除外などで満たしていく事ができます《ユニオン・ドライバー》とこのカードで2種類の「XYZ」モンスターを調達する事ができます。

《ユニオン格納庫》と組み合わせれば2枚で《XYZ-ドラゴン・キャノン》の特殊召喚条件を整える事が可能となります。

(2)の効果は分離できる効果、戻す融合モンスター自体は指定が無いので何を戻してもOK

このカード単品だと「XY」など2体合体系と相性が良いです、そこへ何かプラスワンすると「XYZ」までできるよと言った感じですね。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント