バトル・オブ・カオス新規《熟練の栗魔導士》クリボー・《増殖》をサーチ 

最初見た時は栗の文字で「秋だからなぁ」と去年の《ワイトベイキング》を思い出しました。あれから1年経つのか…

「熟練魔導師」の最新作は「クリボー」に関連するカードとなっております。

スポンサーリンク

魔力カウンターは1個でいいので取り回しやすいカード

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 300/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
(2):このカードの魔力カウンターを1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードのレベルは1つ上がり、攻撃力は1500アップする。
●自分のデッキ・墓地から「クリボー」モンスター1体または「増殖」1枚を選んで手札に加える。

熟練シリーズですが取り除くカウンターは1つで良く、効果も特殊召喚ではなくサーチ・サルベージに手札から効果を使う「クリボー」モンスターとの相性を考慮しての事ですね。

カウンターは3つまで置けますが(2)の効果は名称ターン1が付いているので複数置いてもメリットは薄め。

《アストラル・クリボー》をサーチすれば栗魔導師と共にランク4を立てる事ができますね。

パンプアップ効果とレベル上昇効果もあり上昇量は1500ですが永続なので生き残ってターンが回ってきて再び発動すれば攻撃力3300まで引き上げる事が可能。

「クリボー」モンスター以外には《増殖》をサーチ・サルベージ。

速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「クリボー」1体をリリースして発動できる。
自分フィールド上に「クリボートークン」(悪魔族・闇・星1・攻300/守200)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

《クリボー》をリリースして大量にトークン生成を狙う事ができるカードですね。

昔ながらのカードらしく制約は「アドバンス召喚」のみで現在だとリンクなどの素材に出来そうですが、ここら辺まで活用しようとなると結構デッキを「クリボー」に寄せる必要が出てきそうですな。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント