《警衛バリケイドベルグ》可能性を感じる1枚・永続・フィールド魔法を回収して守る

先日の優勝した【オルフェゴール】に採用もされており、個人的に可能性を感じる1枚なのが《警衛バリケイドベルグ》効果範囲的に上手に扱えるテーマは限られますが、逆に噛み合うデッキならばとても頼もしいカードとなってくれそうです。

スポンサーリンク

《警衛バリケイドベルグ》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
このターンのエンドフェイズに、自分の墓地から永続魔法カードまたはフィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの表側表示の魔法カードは相手の効果では破壊されない。

素材は非常に緩いです、名称が違えばトークンでも可能なのが嬉しい所。地味に闇属性・機械族なので先日の【オルフェゴール】では制約に引っかからなかったのも大きいですね。

永続・フィールド魔法をサルベージするのはコストが必要かつエンドフェイズと遅め。リンク召喚時に効果発動されるのでエンドフェイズにこのカードが場から離れていても効果は適用されます。

少々豪勢ですが《I:Pマスカレーナ》で相手ターンに回収するといった手段もとれますね。

そしてこのカードが存在すれば表側の魔法カードに破壊耐性が付きます。サーチを伴うフィールド魔法やサーチ魔法をサルベージしつつ比較的安心して運用する事ができます。

ただしこのカード自体が打点1000と心許ないので耐性が付くのは時間稼ぎくらいに考えておくのが良いかと。

スポンサーリンク

相性が良いテーマ

先日通り【オルフェゴール】では「バベル」をサルベージする事が可能なので相性良しですね。

他には【セフィラ】【エンディミオン】といったデッキもフィールド・永続魔法をフル活用するので相性良しですね。これらのデッキはよく混合型も見られます。

また《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》を採用しているデッキもシステム的に生命線となるであろう「ディストピア」を回収・保護できますね。

《SPYRAL RESORT》を擁する【スパイラル】も同じくですね。

《テラ・フォーミング》が制限な通りフィールド魔法はカテゴリ強化に使われまくったので相性が良いテーマはまだまだありそうですね。

コメント