【ブラマジ新規】《マジクリボー》や新たな融合体・サポート沢山|歴代主人公の強化路線がまた始まるといいな

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『バトル・オブ・カオス』にて収録される事が判明した【ブラック・マジシャン】の新規カード達。

再び歴代主人公強化路線が来るのでしょうか?

スポンサーリンク

ブラマジ・BMGをリクルート・蘇生できるクリボーモンスター

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けたターンのメインフェイズ及びバトルフェイズに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):自分フィールドの表側表示の魔法使い族モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

新しいクリボーモンスター、戦闘・相手からの効果ダメージに反応してデッキ・墓地からブラマジかBMGを展開する効果、条件を満たせているならば相手ターンでも発動可能。

自軍の魔法使い族モンスターが破壊されると自身をサルベージする事ができます、自身は悪魔族である事を貫き通していますな。

手札効果とサルベージによって1枚でグルグル回せる特徴的ですね、恒久的な持久力をもたらす事ができそうです。

BMGをリクルートできる数少ないカードなのでそちらも嬉しい所かなと思ったり【マジシャン・ガール】の方でも活躍が期待できそうですね。

しかし可愛らしいイラストですね、モフモフです。

《ディメンション・マジック》サーチ・サルベージ・魔法使い族の新たな手札交換

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 500/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ディメンション・マジック」1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドの魔法使い族モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
その後、ドローした数だけ手札を選んで好きな順番でデッキの上に戻す。

レベル1の魔法使い族で召喚・特殊召喚時に《ディメンション・マジック》をサーチorサルベージする事が可能なカード。

モンスターゾーンから墓地へ送られると自軍の魔法使い族の数ドローを行い、その枚数分手札をデッキトップへ、状況によってはかなりの枚数手札交換できますトップへ戻すので《黒の魔導陣》で確定ヒットさせる他、不要札などはシャッフルタイミングと組み合わせて使うとより効果的なカードですね。

「ブラック・マジシャン」カード名記載などが無くサポートとしてのアクセス面は劣ります、近頃は【マギストス】での採用をチラホラと見かけますねぇ。

名前がある名もなき竜「ティマイオス」

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、魔法使い族モンスター1体または「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた、魔法使い族モンスターを含む融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

待望のブラマジに無理をせず採用できるドラゴン族モンスター、魔法使い族・ブラマジ関連の魔法・罠を墓地へ送ると手札から特殊召喚と緩い条件での展開効果を持っています《永遠の魂》があればブラマジを墓地へ送って展開し、ブラマジを蘇生といった損失を抑えた展開が可能。

(2)の効果は融合を内蔵、縛りとしては魔法使い族モンスターを含む事が条件、ブラマジなら自然と達成できそうですな新規の《超魔導戦士-マスター・オブ・カオス》だけではなく《呪符竜》や《竜騎士ブラック・マジシャン》なども融合召喚できますね。

融合手段としては《ティマイオスの眼》もありますが《合体竜ティマイオス》はサーチ手段が豊富なのが強みですねぇ。

サーチとモンスター効果無効ができる儀式モンスター

儀式・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2100/守2500
「カオス・フォーム」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
儀式モンスターを除く、「ブラック・マジシャン」またはそのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
その後、手札を1枚選んでデッキの一番上に戻す。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。

《カオス・フォーム》にて降臨できる新しい儀式モンスター、レベルも7なのでリリースをブラマジ1体で賄う事ができますな。

召喚せずとも手札から公開する事でブラマジorブラマジ関連モンスターをサーチして手札をデッキトップへ戻すという優秀な効果《マジシャンズ・ソウルズ》や《マジシャンズ・ロッド》といった重要なモンスターにアクセス可能。

トップへ戻したカードは《黒の魔導陣》で美味しく頂ける可能性もあるので儀式召喚を狙わずとも採用したいレベルの効果ですねぇ。《超魔導戦士-マスター・オブ・カオス》の素材にもなれるのがポイント。

(2)の効果はモンスター効果に反応して自身をバウンスしてブラマジを蘇生して反応したモンスター効果を無効に、蘇生先としてフィールド・墓地でブラマジとして扱う《竜騎士ブラック・マジシャン》も範囲内。

サーチ効果がある上に貴重な制圧効果持ちと非常に優秀な1枚。

《超魔導戦士-マスター・オブ・カオス》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻3000/守2500
「ブラック・マジシャン」+「カオス」儀式モンスター
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、自分の墓地の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの光・闇属性モンスターを1体ずつリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て除外する。
(3):融合召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

新しいブラマジデッキの融合モンスター、素材はブラマジとカオス儀式モンスター《イリュージョン・オブ・カオス》が丁度良さそうですね《ティマイオスの眼》で出すのもアリアリ。

融合召喚時に光・闇属性モンスターを蘇生、ほかの効果も光・闇を扱いザ・カオスって感じですね。

光・闇を1体ずつリリースする事で相手モンスターを全て除外…え?強くない??コストなので無効にされた場合の損失は大きいですが無効範囲をフィールドのカード限定ならば自身をリリースしてしまうのも手。対象を取らない除外なので除去の質としては一級品。

破壊されると墓地の魔法カードをサルベージする《混沌の黒魔術師》をモチーフとした効果。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

どんどん完成度が上がっていく【ブラック・マジシャン】いずれストラクとか出してほしいなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テーマ
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    強化来るか?て強化されてんじゃん
    ブラマジは昔から強化されてきてるし…うーん意味不明