強力な新規を得た【武神】エクシーズを駆使して闘うスタイル

『ライトニングオーバードライブ』での新規カード登場で強化された【武神】

エクシーズ方面に大きくテコが入り以前とは違う闘い方になっているようです。

以前までの【武神】だとやはり「ヤマト」を維持してメタビートってイメージでしたが今はかなりアグレッシブに動けそうですね!

スポンサーリンク

「トリフネ」による2体リクルートはやはり強い

《武神-トリフネ》

効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1500/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
「武神-トリフネ」を除く、種族が異なる「武神」モンスター2体をデッキから守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分が「武神」XモンスターのX召喚に成功した時に発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘で破壊したモンスターは墓地へ行かず除外される。

レスキュー武神…とか言っちゃえそうな思い切った2体リクルート。発動しても何も制約など縛りが発生しないのがスゴイ。

「武神」エクシーズを行うと自然と(2)の装備効果を発動可能、戦闘破壊したモンスターは除外送り!

先述した通り制約・縛りが無いので他のランク4やリンクに使用してもOKなので非常に幅広く対応力を底上げできるカードとなっております。

ホント無茶苦茶強いやん…(;^ω^)

活躍できそう《武神帝-スサノヲ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/獣戦士族/攻2400/守1600
レベル4「武神」モンスター×2
(1):「武神帝-スサノヲ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「武神」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。

そこで活躍できそうなのが「スサノヲ」全体攻撃が可能なので「オネスト」によってパンプアップして全体攻撃を行えば相手モンスターを悉く除外、ひょっとするとデュエルに勝利まで見えてきますな!

テーマ内でのパンプには「ハバキリ」がありますがこちらは1度の攻撃で効果が切れてしまう点に注意です。ただこのカードでサーチ可能な点は優秀ですね。

《武神-マヒトツ》

効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻 0/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から他の「武神」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札から「武神」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「武神」モンスター1体を自分の墓地から選んで手札に加える。
●自分の墓地から「武神」モンスター1体を除外して発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「武神」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。

もう1枚の新規「武神」緩いSS条件とコストを伴うサルベージ・墓地送りが可能なカード。

手札と墓地の「武神」を入れ替えたり除外を伴うので「アスラダ」のSSトリガーにしたりとデッキをしっかりと支えてくれるカード。

新規登場後のレシピを見ていると「ヤマト」や「カグツチ」の採用枚数が減っていて新時代が来たなぁと思いますねぇ(´・ω・`)

EXデッキ「アーゼウス」や「希望龍皇ホープ」など

EXデッキからは最近すっかりお馴染みのエクシーズモンスター「アーゼウス」や「希望龍皇ホープ」セットを投入可能。

種族的に「鉄獣戦線」のリンクモンスター達とも相性が良いです「フェリジット」による展開や「シュライグ」による除外は頼りになりそう。

またバックに対する干渉として「アハシマ」も使えます。

コメント