【ヴァレット】程よい強さで楽しいデッキ【テーマ解説】

スポンサーリンク

ストラクチャーデッキR「ドラグニティ・ドライブ」の発売が控えていますが、今回は以前のドラゴン族ストラクから【ヴァレット】を紹介。

基本的に闇属性ドラゴン族デッキですが優秀なカード達が多く縛りもそれほど気にならず、展開力もしっかりと持っており環境は行かずともフリーで丁度良く楽しめるデッキだと思います。

スポンサーリンク

優秀な《ヴァレット・トレーサー》《クイック・リボルブ》を割ってアド

《ヴァレット・トレーサー》

チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「ヴァレット・トレーサー」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

レベル4チューナーかつ自分フィールドのカードを破壊してリクルートを行うキーとなるカード。

リクルート効果はフリーチェーンで発動したヴァレット版《ヒーローアライブ》である《クイック・リボルブ》の発動にチェーンして《クイック・リボルブ》を破壊する事によって2枚リクルートする事が可能となります。

書いてあることが大分強いですね(*’ω’*)

《アブソルーター・ドラゴン》

効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2800
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ヴァレット」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ヴァレット」モンスター1体を手札に加える。

【ヴァレット】は「ヴァレット」名称のモンスターと非「ヴァレット」名称の闇属性ドラゴン族で形成されています。登場当初は結構ちぐはぐだったのですが今ではしっかりとシナジーする様になっています。

このカードは「ヴァレット」が存在するだけで手札から特殊召喚可能なレベル7。しかも墓地へ送られると「ヴァレット」モンスターサーチと非常に優秀。

シンクロ素材にもリンク素材にも良き力となってくれます。

《ヴァレット・シンクロン》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

召喚権こそ必要になりますが墓地のレベル5以上闇属性・ドラゴン族を蘇生。【真紅眼】でも見かけるカードですね。

闇属性縛りこそ付いてしまいますが、レベル7を釣り上げれば即座にレベル8シンクロが可能《ヴァレルロード・S・ドラゴン》がやはり筆頭でしょうか。

また倒されたレベル8シンクロを釣り上げる事で「レッド・デーモン・アビス」を召喚もできますので非常に頼りになるカード。「ハリファイバー」になる事も多々あります。

《ノクトビジョン・ドラゴン》

効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにドラゴン族・闇属性モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):自分フィールドの裏側表示のカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その効果を無効にする。
このターン、相手はその裏側表示のカードを効果の対象にできない。

「エターニティ・コード」で登場した新戦力。闇属性ドラゴンの特殊召喚に反応して特殊召喚できるレベル7ドラゴン。

リンク素材になり墓地へ送られると1ドローとかなり緩めのドロー効果が嬉しいですね。「アブソルーター」と合わすとランク7になる事も可能。ただやっぱリンクして1ドローが欲しいかもですね。

墓地効果として裏側表示を対象とする効果を無効にできるので【罠型】などに寄せた場合に有用な効果ですねぇ。

その他「ヴァレット」

EXデッキを確認して除外できる《シルバーヴァレット・ドラゴン》

対象を取らない墓地送りと強力な除去持ちの《マグナヴァレット・ドラゴン》

魔法・罠を墓地へ送る《オートヴァレット・ドラゴン》

優秀な魔法カード達・蘇生はドラゴン族の華

《リボルブート・セクター》

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの「ヴァレット」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札から「ヴァレット」モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
●相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターよりも多い場合、
その差の数まで自分の墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

リンク1の《ストライカー・ドラゴン》でサーチできる展開札。

パンプ効果と手札からの特殊召喚、相手フィールドの方がモンスターが多いと差分の数まで「ヴァレット」を蘇生と先攻・後攻を問わず機能する展開カードです。

《スクイブ・ドロー》
「ヴァレット」を破壊して2ドローできる速攻魔法「ヴァレット」モンスターは破壊をトリガーにするのでサクリファイスエスケープとしても優秀。

《クイック・リボルブ》
「ヴァレット」をリクルートする速攻魔法、リクルートしたモンスターはエンドフェイズに自壊します。《ヒーロアライブ》系もここまで来たかって感じですねぇ。

《星遺物の守護竜》
下級ドラゴン汎用蘇生札、旧ルールでは位置を変更する効果も重要でした。地味に高い字レアでしたがストラクR「ドラグニティ・ドライブ」での再録が決まりました。

EXデッキ・《ヴァレルロード・X・ドラゴン》が新ルールでイキイキと

《ヴァレルロード・X・ドラゴン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
ドラゴン族・闇属性レベル4モンスター×2
(1):X召喚したこのカードは他のモンスターの効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。
その後、自分の墓地から「ヴァレル」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

10期ルールでは居場所が無かったですが新ルールで扱いやすくなったカード。

ランク4でありながら素で3000打点、相手モンスターの攻守を600ダウン、さらに「ヴァレル」モンスターを蘇生と新ルールで本気だして来たカード。

蘇生したモンスターはエンドフェイズに除外、特殊召喚不可、ダイレクトアタック不可と制約が非常に厳しいので計画的な利用が必要ですが1枚で捲くる能力は非常に高いです。

《ヴァレルソード・ドラゴン》
【ヴァレット】以外でもフィニッシャーとして長らく君臨するカード。

《ヴァレルロード・ドラゴン》
モンスター効果の対象にならず、コントロール奪取持ち。刺さる相手にはトコトン刺さる。

《ソーンヴァレル・ドラゴン》
手札を捨て、フィールドのモンスターを破壊して蘇生or手札から特殊召喚・リンクモンスターだとリンクマーカーの数だけ蘇生or手札から特殊召喚。良い中継モンスター。

《ブースター・ドラゴン》
チェーン不可のパンプアップと破壊されると墓地のドラゴン族蘇生とレダメ感あるリンク2

《ヴァレルエンド・ドラゴン》
戦闘効果破壊耐性・モンスター効果対象耐性・全体攻撃・効果無効・「ヴァレット」蘇生と流石のリンク5。通ると無茶苦茶してくれる。

《ストライカー・ドラゴン》
リンク1で《リボルブート・セクター》をサーチ。Vジャンプ付録で必須ながら入手難度が高いのがネック。

《ヴァレルロード・F・ドラゴン》&《ドロドロゴン》
メインに融合関連を積まなくても召喚可能になるシステム。フリーチェーンでの自分と相手フィールドのカード破壊をする効果と墓地除外でリンクモンスターを蘇生できるイケメン。イラストも非常にカッコいいですね(*’ω’*)

コメント