スポンサーリンク

武力90オーバー(謎の数字)《武力の軍奏》

ここしばらくグングン伸び上がっているカード、その名を《武力の軍奏》

「ハリファイバー」&「リンクロス」から奏でるその武力は呂布クラス!

シンクロデッキにおいて展開力を広げまくっているカードです。

7月の改訂にて規制されかねないので今のうち…!

スポンサーリンク

「ハリファイバーリンクロス」の強さを支えているカード

《武力の軍奏》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードをS素材としたSモンスターは、フィールドに表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。

チューナーならなんでも蘇生する上に効果も無効にしないスゴいヤツ(*´ω`*)

素材にするとそのSモンスターをチューナーとして扱う効果。

基本的な流れ

①「ハリファイバー」で「オライオン」をリクルートして「リンクロス」

②トークンと「オライオン」で「武力の軍奏」を召喚、「オライオン」を蘇生。

そこから先はデッキにより宇宙的な展開をしていきます。

上記の展開をして残るのは「リンクロス」「武力の軍奏」「オライオン」「幻獣機トークン」「リンクロスのトークン」

これだけ盤面に残ると何でもできそうですね(;^ω^)

新ルールにもなり、このムーブを取れるシンクロ特化デッキは史上最強の動きをできているのではないでしょうか?

「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」みたいな超大型もどんと来い!って勢いを感じます。まさしくコズミック!

7月のリミットレギュレーション改訂が1番怖い

コロナ禍において大会が行われず環境が停滞しているので禁止改訂は変更無しの可能性も捨てきれないとの声もありますねぇ。

ただし改訂が行われるなら規制候補の中でも上の方に来るのではないでしょうか?

「リンクロス」は発売してからずっとヤバイヤバイと言われて来たカードですし「ハリファイバー」も同じく…

環境が未解明なのでどこをどう規制するかは難しいと思いますが、個人的には放っておくって可能性は高くなさそうではありますが…(;・∀・)

コメント