【相場情報】需要が上がったカード達《アクセスコード・トーカー》1000円買取も

スポンサーリンク

お店によっては遂に《アクセスコード・トーカー》の買取価格がウルトラで1000円の大台に乗りましたね( ・`д・´)

しばらく前から《ヴァレルソード・ドラゴン》と採用率が逆転していたので再録も無いのでいつかはこうなるかもとは思っていましたが…

他にも新規テーマ・カードの影響により在庫が足らなくなっているカードがチラホラと

スポンサーリンク

【ドラゴンリンク】復権などで《ストライカー・ドラゴン》も大変な事に

冒頭で述べた通り《アクセスコード・トーカー》が1000円の大台に。

《ストライカー・ドラゴン》がドンドン高くなっていってますねぇ、ドラゴン族リンク1の受けの広さは流石といった所ですね。

また《I:P マスカレーナ》《トロイメア・ユニコーン》《神聖魔皇后セレーネ》も引き続きお高いですね、これらのカードは《アクセスコード・トーカー》に繋ぐと強かったりするカードでもあります。

再録回数が多い《リンクリボー》も安定したお値段、再録回数が少なかったらと思うとゾッとしまね。

ノーレア関連で高くなったり【鉄獣戦線】強化効果もあったり

各種【おジャマ】関連カードが新規の《おジャマ・ピンク》の影響か需要が伸びているようですね。

また「ワイト」も根強いファンが居るデッキで《ワイトプリンス》が高騰。

【鉄獣戦線】効果か《レスキューキャット》や《霞の谷の巨神鳥》も強化買取を行っているショップが多いです。

《孤高除獣》も【サンダー・ドラゴン】が環境でいい位置に居るので需要アップ。こうして見るとノーレア達の需要が高いですねぇ。

「ワイバ-スター」「コラプサーペント」のいわゆる「白黒」も緩和と《混沌領域》の登場で需要がありますね、再録回数が多いのでそこまで騰がってはいませんが。

コメント