ゆるりと考える来月のVジャンプ付属《カオス・グレファー》

スポンサーリンク

来月の「Vジャンプ11月号」に付属するカードは《カオス・グレファー》ついに「カオス」化したグレファーさんが登場します。

「WORLD PREMIUM PACK 2020」で登場する「カオス」の新規カード達に合わせての付属かと思われますねぇ。完全妄想入りですがゆるく考えてみるとします(*’ω’*)

スポンサーリンク

規制されいてる「ダーク」しかし「ライトレイ」は…いや言うまい

まず比較するべきかどうかは怪しい話なんですが「ダーク」と「ライトレイ」の効果をおさらい。

《ダーク・グレファー》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1700/守1600
(1):このカードは手札からレベル5以上の闇属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、手札から闇属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

環境デッキである【オルフェゴール】にも採用されている「ダークサイド」なモード。

自己特殊召喚&闇属性モンスターをデッキから墓地へ送る効果。特殊召喚でも墓地送りでも手札コストが必要ですが、墓地リソースを重要視するデッキではむしろアドですな。

《ライトレイ・グレファー》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1600
このカードは手札からレベル5以上の光属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札から光属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから光属性モンスター1体を選び、ゲームから除外する。

効果テキストは非常に《ダーク・グレファー》と似ています。ただ墓地送りではなく除外となっているので扱えるデッキの幅がグンと狭くなりますね(;・∀・)

「カオス」化してどうなるのか?

出ている情報としては「光属性・戦士族・レベル4」ですね。

「カオス」モンスターの特徴としては墓地から光・闇属性を除外して特殊召喚できたりしますねぇ。《カオス・グレファー》も光・闇にまつわる特殊召喚方法を持っているのかな?

それと闇属性としても扱うテキストを持っているのかなぁとか。

効果としては墓地を肥やす効果っていうのが一番最初に思い当たります。レベル4なので「カオス・ソルジャー」の様なフィニッシャーでは無さそうですね。やはりサポートモンスターの線で考えるのが順当ですかねぇ。

《終末の騎士》が制限カードなので単純に光・闇属性をデッキから墓地へという訳にはいきませんよね…カオス版《ダーク・グレファー》として考えても流石に強すぎるし落とし所が難しそうです…

「カオス」サポートとなると汎用性も必然的に高めになると思われますので期待が上がっちゃいますね。効果判明が楽しみな1枚であります。

コメント