スポンサーリンク

面白そう&頼りになりそう《デコード・トーカー・ヒートソウル》1ドローテキストは裏切らない

テキストを改めて見てこのカード面白そうだなぁ、と思ったカード紹介です。

《デコード・トーカー・ヒートソウル》「コード・トーカー」と「転生炎獣」の合体カード。

世間的にはそれほど評価されていませんが、大いに可能性を感じます。

スポンサーリンク

1ドローって書いてる時点で一定ラインの仕事をしてくれる

《デコード・トーカー・ヒートソウル》

リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
属性が異なるサイバース族モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分・相手ターンに1000LPを払って発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、自分のLPが2000以下の場合、以下の効果を適用できる。
●フィールドのこのカードを除外し、EXデッキから「デコード・トーカー・ヒートソウル」以外のリンク3以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

「サイバース族」なら色んなデッキで使用できそうなモンスターですね。【コード・トーカー】や【@イグニスター】でも上手に扱えそうです。元ネタの片方である【転生炎獣】では素材的にやや難しめな印象です(^o^;)

自分フィールドとなるリンク先を埋めれば3300打点。そこは《デコード・トーカー》と同じですな。

一番このカードを使う理由となるのは(2)のライフを1000支払って1ドロー効果ですね。自分・相手ターンに発動できる驚きのフリーチェーン効果。自分ターンに生き残ってターンを渡せばもう1ドロー!!LP1000払って1ドローは遊戯王において充分強力な効果ですな!

更に自分のLPが2000以下だと除外し、EXデッキから「リンク3以下のサイバース族」を特殊召喚できます。

候補となるのはリンク3以下を蘇生できる《トランスコード・トーカー》や各種リンク3の「@イグニスター」でしょうか。この効果を見込むデッキならば3500打点の《星神器デミウルギア》で「星遺物モンスター」リクルートも視野に入れるのも良いかと。

ただ普通にこのカードを中継として1ドローをしてフィニッシャーになり得る《アクセスコード・トーカー》をリンク召喚するという大正義プランも取れますね。

それか他のリンク素材もEXから特殊召喚されたモンスターならば《双穹の騎士アストラム》もアリかと。どちらも最高クラスのリンク4かつ汎用性が高いのでオススメです。

【コード・トーカー】での運用では「ヒートソウル」を「トランスコード」で蘇生する事で1ドローを使い回しながら展開していけるのでお強い。何度も1ドロー効果を使用するとLP2000以下時の効果発動確率も上がるってもんです。

ドロー効果は裏切らない。

カード
スポンサーリンク
ボチボチつぶやいてます。よろしければフォローよろしくです!
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント