除外を力に!【叢雲ダイーザ】シンプルかつ強力なデッキパーツ集

豊富かつ質の高い除外手段を用いてビートダウンするデッキ【叢雲ダイーザ】

デッキ名ともなっているキーカードは《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》と《機巧蛇-叢雲遠呂智》

攻撃力10000オーバーも平気で叩き出す豪快なデッキとなっております。

私はフリー用でメタカード少なめなプロレスデッキ使用(ΦωΦ)

スポンサーリンク

除外するドローソースを使ってデッキをフル回転

「ダイーザ」はカテゴリに属するカードでもなくサーチ手段がありません。《強欲で貪欲な壺》《強欲で金満な壺》といった除外を伴うドローソースで手札を確保していきます。

《強欲で貪欲な壺》の場合「ダイーザ」や「叢雲」も飛びかねませんがそこを気にするデッキではありません!(ΦωΦ)

メインとなるアタッカー

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》
このデッキの主役。除外されているカード1枚につき400攻撃力が上がります。

《機巧蛇-叢雲遠呂智》
除外稼ぎ兼除去要員、2つ効果を使うと11枚も除外する事ができます。本人の打点も高め。

《百万喰らいのグラットン》
こちらも除外効果持ち、戦闘を介する事で相手モンスターを対象を取らない除外が可能です。

メタモンスターでデッキを支える

《ライオウ》
メタビの定番カード。サーチ禁止と特殊召喚無効は現代においても通用するクラス。

《インスペクト・ボーダー》
モンスター効果の発動を制限するメタビの超新星。自分フィールドにモンスターが存在すると召喚・特殊召喚できないので注意。

《フォッシル・ダイナ・パキケファロ》
こちらも定番。特殊召喚封じとリバース時に特殊召喚されたモンスターを全て破壊。

罠もガンガン伏せていく

「神の~シリーズ」
罠カードの鉄板。「宣告」と「通告」が人気。

《夢幻泡影》
こちらも採用率の高い罠。後攻デッキなので手札から発動できるので3枚欲しいところ。

《大捕り物》
フリーチェーンのコントロール奪取、リンク召喚を扱う場合は心強い罠となってくれます。

《マクロコスモス》
除外がコンセプトなので相性バッチグー。重ね引きが弱いので1枚くらいでいいと思います。

相性の良い魔法

《ライトニング・ストーム》
後攻捲くりカードとしては至高の逸品。

《冥王結界波》
先行制圧を突破するカード、後攻デッキなのでやはりあると安心。

《超融合》
少々受けが狭いですが強力なカード召喚先は《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》が最有力候補。

エクストラデッキ

エクストラデッキは大体コストで投げ捨てていきますが、使えるカードを用意しておきましょう。

《トポロジック・ゼロヴォロス》
リンク版「ダ・イーザ」とも言える性能、リンク4と少々重いのがネック。《スケープ・ゴート》や《大捕り物》で奪ったモンスターを素材にしたい所。

《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》
《超融合》要員、闇デッキ使っていると《超融合》からのこのカードがめちゃくちゃ怖い。

残りは「トロイメア」の様な汎用リンク2を入れるといいと思います、《強欲で金満な壺》などで飛んでしまうので複数ずつ積んでいきましょう。

スポンサーリンク

弱点

苦手とするのはやはり効果無効、《夢幻泡影》などで「ダイーザ」の効果を無効にされると攻撃力0になるので攻撃宣言時に使われると非常に痛いです。

それとデッキを無差別除外するが故にキーパーツが飛んでしまいかねない所、しかしそれを気にするとデッキコンセプトを活かせないので諦めるしかない要素。

召喚権もカツカツで初速が遅めな所、相手先攻で数で押されると中々辛いです…

コメント