3テーマ色々判明した『エンシェント・ガーディアンズ』【ドレミコード】人気高そう

2021年3月6日と発売まで半月ちょっとになったデッキビルドパック『エンシェント・ガーディアンズ』

収録テーマの内容も大まかに判明しましたね。個人的に好みなのは【溟界】です《スネーク・レイン》や《キングレムリン》でとても楽しそうな事ができそう(*’ω’*)

一番人気が予想されるのはやはり【ドレミコード】かなと思います。

収録3テーマを軽くおさらいしていきます。

スポンサーリンク

【ドレミコード】のスーレア魔法があればトップレアか

まずはちょっとトップレア予想。

今までのデッキビルドパック的に美少女テーマのスーレア魔法カードがトップレアになるという傾向がありますね、今回も多分あるかと思われます。

【ドレミコード】

ペンデュラムテーマ、スケールの数字を参照したりスケールを操作して戦うテーマ。

偶数・奇数を参照する初のテキスト、「ドレミコード」Pカード「ドレミコード」Pモンスターカードと表記が分かれているなどなど結構管理が大変そうな印象がりますね(^o^;)

《ドドレミコード・キューティア》により攻撃力も変動するのでしっかりプレイングしないとですねぇ。

【ベアルクティ】

全てのメインデッキに入るモンスターが最上級のシンクロテーマ。

最上級のモンスター達は手札の最上級をリリースする事によって特殊召喚する事が可能となっております。

シンクロ方法はレベル差による特殊召喚(Sシンクロ扱いではない)起点となる《ベアルクティ-ポラリィ》は素材のレベル差が1になるように墓地へ送って特殊召喚、要するに8と7で特殊召喚という形になります。

高レベルシンクロはレベル8以上のチューナーとチューナー以外のSモンスターでレベル差が7になるように墓地へ送り特殊召喚「ポラリィ」を素材にしてねって感じですね。

【溟界】

光と闇に属性が分かれている爬虫類族テーマ。

墓地に関連した効果を多く持ちます、自分墓地のみならず相手墓地からの特殊召喚をトリガーとして効果を発動していったりもします。

対象を取らない墓地送りやハンデス効果を擁しており妨害能力は今回収録テーマの中でも屈指かと。

相手にもアドバンテージを与えつつそれが効果トリガーとなったりするので個人的に握ってみたいテーマです。

コメント